2006年06月24日


今朝の北日本新聞で森山良子がうたった「さとうきび畑」が話題になっていました。
今日は沖縄戦が終わった日らしいです。
実はかなり悲しい歌です。

私が中学生の時の合唱大会で隣のクラスがこの歌をうたいました。
当時はいい曲だなと思って聞いていました。

もちろん、沖縄戦のことをうたっているといことは
中学生の私にもわかりましたが。

私のクラスが歌った歌は、
あまり、心に残るようないい歌でなかったせいか、忘れてしまいました。

覚えているのは、私が合唱大会で私のクラスが歌うとき、
指揮者をしていたということです。

私、山本鉄也は、超オンチのため、先生命令で「山本鉄也には歌わせるな」ということで、
指揮者になったというイキサツがあります。

たまの飲み会になると、いろんな人が私に気をつかってくれ、
カラオケの曲をうたうようにすすめてくれます。
遠慮している私がどうしても歌わなくてはならなくなることも
今までしばしばありましたが、3秒歌うと、まわりの人がひいてしまい、
二度と歌うようにすすめてくれなくなります。

以前歯科医師会の集まりで歌を披露した時、あまりにもオンチなため
かなり酔ってると思われ、
知人の歯医者が家に「山本君だいぶん酔っているので迎えに来てやって」
と家に電話してくれました。

でも、オンチでも歌うのは、気持ちがいいものです。
ちなみに私の十八番は”あの素晴らしい愛をもう一度”です。
アルコールなしには、歌えないですけど。