高岡市 歯医者 歯科 やまもと

やまもと歯科ブログ

おっと 忘れてた

2005年01月05日


今日は、久しぶりに叔母さんがきました。かなり気のいい叔母さんで、小さい頃から、いろいろお世話になりっぱなしてす。久しぶりなのでミスタードーナッツでおみあげをかってきてくれました。歯医者のスタッフにもおみあげをかってきてくれました。2個おいしくいただきましたが、それ以降、体重計にのるのがこわくて。今年こそダイエットを成功させたく、今年の抱負にしようとおもいます。
診療がおわると月初め恒例の事務仕事、今日もおわったのが9時半、まぁまぁ早くおわることができました。おっと技工物をかんせいさせるのをわすれてしまっていました。休めるのもつかの間、今から技工室に行って完成させてきまーす。
高岡の歯医者  やまもと歯科医院

仕事はじめ

2005年01月04日


今日は今年最初の仕事の日、正月の間に歯が痛いとか、いろんな口の中の具合が悪い方がまとまってくることを予想していたが、わりあい静かな一日となり拍子抜けという感じである。今年はどうしたのだろう。これはいい前兆なのか?それとも悪い前兆なのか?
今日の仕事は、9時半ぐらいまでかかった。月はじめにしては、事務仕事も早めにおわったのでコタツにはいり、ゆっくりとし、みかんをたべた。やはり冬はこたつでみかんにかぎりますなぁ。そういえば、みかんを食べ過ぎると体が黄色くなるというのは本当だろうか?多分本当だろう。今年は、黄色くならない程度にみかんを食べよう。                                                                             高岡の歯医者 やまもと歯科

連休の最後

2005年01月03日


明日から、やまもと歯科医院の診療が開始されることもあって、今日は連休あけの診療の準備をした。去年からの宿題が山積みで朝から夜遅くまでかかってしまった。昨年はかなりインプラントを埋入したため、その経過の資料を整理するのに一番時間がかかった。昨年から、東京医科歯科臨床教授の田中先生と麻酔科医の松本先生にもお手伝いいただき行っているため、どんな複雑で埋入本数がおおくても1回でできるようになり、かなり患者さんに喜んでいただいている。その資料をみなおしていると、2時間もすぎてしまい家族と一緒に近くのレストランにいくのが遅れてしまい子供からおしかりをうけてしまった。この5日間の連休は久しぶりにのんびりとやすむことができ、子供と長い時間接することができた。私は旅行に行くよりも家でのんびり過ごすほうがあっているらしい。 高岡の歯医者  やまもと歯科医院

お年玉

2005年01月02日


今日は、朝から一歩も外に出ない一日であった。家の中でずっと原稿を書き上げていた。資料をあつめて、落ち着いて書けたのではかどった。この原稿も近いうちに、プリントされる予定だ。夕方は家族で人生ゲームをした。ゲームソフトが懸かっているので、子供たちは真剣勝負であった。反則技が連発した。結局私が負け、子供たちが自分のもらったお年玉で、ゲームソフトが買えることになった。私が子供の時には、もらったお年玉は、その日のうちに親に回収されたものだが、最近は、回収する家庭がすくなくなったようだ。
      高岡の歯医者  やまもと歯科医院

歯医者の正月

2005年01月01日


 あけましておめでとうございます。やまもと歯科医院のホームページをごらんの皆様、今年も、全力で歯科診療に当たりたいと思います。また、ホームページを充実させ、有益な情報を発信したいと思っています。
今年も、やりたいことがたくさんあります。あまりにもありすぎて。まず、優先順位をつけなくては。時間はどれだけあってもたりない。少年老い易く、学なりがたし、というところでしょうか。
 今日の朝は、氷見に行ってきました。私の実家でです。父親が迎えてくれました。母親は10年ほど前に亡くなったので、まずは、仏壇の前で母親に帰ってきた報告をしました。正月、お盆と命日と苦しい時は、実家にかえります。最近は、あまり、頻繁には行っていないので、父親から町内になにがおきているかブリーフィングをうけました。元気そうな父親に安心して帰りました。
 楽しみにしていた宝くじ、1億円当たった場合の使いみちリストも作っていた宝くじも600円の当たりというか、はずれでおわりました。来年こそは当てたい。
           高岡の歯医者 やまもと歯科医院

歯医者の大晦日

2004年12月31日


昼に急患があり、しばらく治療をした。この仕事は休みがなく、いつも精神的に緊張を要する仕事だ。しかし、患者さんによろんでいただけると、私もうれしくなり、また力がわいてくる。
今年一年よくはたらいたなと言う感じである。やまもと歯科医院のスタッフもよく働いたと思う。すくなくても、普通の歯科医院のスタッフより2倍は働いてくれた。私もいいスタッフにめぐまれて幸せだ。こころから感謝したい。
これからも、感謝と思いやりの気持ちを忘れずに一生懸命働き、くいのないように生きたい。
午後から審美歯科の研究会の原稿を仕上た。9時までかかったが、できはよさそうだ。本番が、楽しみだ。
それでは、良いお年を。
高岡の歯医者 やまもと歯科医院

営業マン

2004年12月30日


北陸地方には大きな歯科材料店が2社ある。ひとつはA社でもうひとつはS社だ。この2社はライバル関係にある。2社ともサービスはよく、客である歯科医から信頼されている。歯医者は歯科材料店の営業マンから「先生、先生」とよばれ、勘違いしておられる歯医者も、ときどきおられるようで、無理難題をいわれ、大変な仕事のようにおもわれる。私の先輩であるA歯科医はS社びいきである。開業前に、S社のほうがいいよと耳打ちされたこともある。でも、私は、富山に戻ってきたときにA社にお世話になったので、A社に発注して開業をした。S社の営業マンTさん(ちょとNHKの子供番組の中のジャコビに似た方)にも開業以来、大変お世話になっている。2社とも取り扱っている商品はあまりかわらないので、迷うことが、多い。私のところにくる営業マンは誠実な方が多い。
今年やまもと歯科医院を支えてくれたTさんに感謝します。
今年も、いろいろな学会、研究会、講習会に行った。歯科界はいま、30~40年ぶりの変革期にあるらしい。私が5年前に行っていた診療と今の診療はかなり変わった。今年は毎週のように勉強会にでかけたが、性格的に凝り性なため、まわりのかたの「もうちょと、ちからをぬいたら」というアドバイスを無視して全速力でやってきた。もうすこしバランスをとって仕事をすることが大切なのはわかるのだが、なかなかできない。貧乏性なのだろうか?
        やまもと歯科

今年も無事終了

2004年12月29日


今年一年の診療も無事終了した。最終日なので予約外の患者さんも多く来院された。長期休暇を前にして休み中に痛くならないように前もっても処置を希望される方が多かった。ことしはチーム歯科医療に重点をおいた。来年はさらに進化させて、スタッフが一丸となり診療にあたりたい。
今朝の新聞によると、日本医科大の助教授が内科認定医試験で不正を働き、それが見つかり諭旨免職になったということである。これが氷山の一角でこういう不正がはびこっていないことをねがっている。歯科界ではどうか。認定医制度そのものが権力争いの道具にされたり、金儲けの道具にされないことを強く願っている。こういうことがあれば制度そのものの根幹をゆるがすものになってしまう。
                           高岡の歯医者 やまもと歯科医院

歯医者の年の瀬

2004年12月28日


歯医者として いろいろな仕事がある。入れ歯の型をとったり、歯の矯正したり、歯周外科をしたり口腔外科処置をしたり、さまざまだ。これらは、かなり高度な技術と勉強を要する。でも一番難しいのは、患者さんが理解できるように患者さんの口の中の状態や治療方法やいろんな治療の選択肢などを説明することだ。患者さんが自分自身の口の中の状態を知っていなければ、高度な、歯周外科処置も、へちまもない。歯科治療は患者さんと歯科医師が協力して、おこなうものだ。患者さんが口の中や治療を理解してなければ、協力もない。お任せ治療ではベストな結果が得られない。ことし一年を振り返って、どうだったか自問自答する。わたしは、まだ完璧とはいえない。とくに、歯科治療にかんして、自分自身の哲学をもっておられる患者さんや、診断と治療方針を来院前に決めてこられる患者さんに十分理解できるように説明できたろうか?たいていの場合は説明を聞いてもらうことさえ拒否されてしまう。、うんんーむずかしい。来年はもっとコミュニケーション能力を高めることを目標にしよう。
写真の中の人はA歯科産業(歯科材料店)のTさん。今年一年やまもと歯科医院の運営に協力していただいた方です。どうもありがとうございました。

                         高岡の歯医者 やまもと歯科医院

パタカラは最高

2004年12月27日


今日は、インプラントの上部構造(口のなかにでる人工歯の部分)のセットが2件あった。正月真近の最後の追い込みのセットだ。2件ともなんの問題もなく簡単にセットできた。インプラントは、精密なので、すこしの誤差もゆるさない。朝から絶好調ではじまった。
1月10日に大阪でインプラントの勉強会に出席予定だったが、児童クラブの左義長と重なることが判明した。インプラントの勉強会を泣く泣くキャンセルした。その分左義長で思いっきり働くぞ。
最近忙しくてパタカラをするのに手をぬいていた。パタカラは私の健康法のひとつで、鼻呼吸を促進する装置。長生きする人のほとんどが鼻呼吸をするという。口呼吸をすると誤嚥性肺炎などで死んでしまう確率が高いらしい。また1日4回パタカラをする決意をした。
          高岡の歯医者 やまもと歯科医院

Boxing day

2004年12月26日


今日は、家族でフォボーレーに昼食に行った。高岡イオンにしようかどうか、迷ったが、人が多そうなのと、昼食が、遅れそうなのでファボーレーに行くことにした。予想は、的中し、中華を気持ち悪くなるまで、食べすぎてしまった。子供のほうは、久しぶりのご馳走に満足していた。
急患も何もなく、ひさしぶりに歯科とまったく関係のない日曜日を過ごした。

    今日は、体調が悪いので、明日の診療に備えて早く床につこう。

             高岡の歯医者 やまもと歯科医院

きょうはクルシミマス

2004年12月25日


土曜日はいつものことながら、予約外の患者さんが多い。今日はクリスマスなので、予約外の患者さんが少ないだろうという予想をくつがえした。予約の患者さんを優先的に診療室に案内しているので、患者さんには大変な迷惑をかけてしまい、心ぐるしい。
わが歯科医院でもここ3年間 診療システムが大幅にかわった。これは、ここ3年間の歯科界の変化がめざましいからだ。むし歯ができるのも、歯周病になるのも患者さんのブラッシングのせいにする時代が終わったからだ。その分、歯科医院側の責任が大きくなった。このあと、5年ぐらいは、保険制度の変化も加わって、かなり変化するであろう。変化についていけるよう、また、最善の治療を提供できるよう日々の勉強の大切さを痛感している。
土曜のよるはここ1ヶ月ほど、訪問診療にでていたが、今日はそれがなく、なにかさびしい気がする。家で、岡山の、なかの歯科クリニックの中野先生が書いた本をよもう。なにか、毎日の診療のヒントになるのもがあるかもしれない。
高岡の歯医者 やまもと歯科医院

今日もインプラント

2004年12月24日


火曜日に引き続き今日もインプラント埋入手術。1本だけだったので30分ぐらいで終了した。オペよりもその準備のほうが大変だ。完全滅菌をして、感染のリスクを最小限にするのは、かなり時間がかかる。術者よりも準備のスタッフの能力がためされるが、今回も手際よく、完璧にこなしていた。私がなにもいわなくても、日々、向上しているようだ。
年末のためか、12月は患者さんが多い。今月中にセットしなければいけない入れ歯やブリッジもほぼ入れ終わった感じである。これで正月を気分よく迎えてもらえそうだ。かなり無理をして、技工士にも無理を言ってつくってもらった。患者さんが喜ぶ顔をみると、達成感を感じる。29日まであと4日間、今年最後の、ひと踏ん張りをしたい。
         高岡の歯医者 やまもと歯科医院

Takaokan Holiday(高岡の休日)

2004年12月23日


年末は、学会、講習会、研究会が開かれないので、今日は久しぶりに自由な休日。家でのんびりしようと計画していたが、こどもに映画をみに行こうとせがまれ、コーヒー券20枚を条件(私がアイスコーヒーを飲みたい時に、たのべば、すぐにもってきてくれる券)に連れて行くことになった。この券の有効期限は私は無期限だと思っているのだが、いままでの経緯から想像すると今回も2日間にされてしまいそう。また、20枚のうち2~3枚しか使い切れない。
午後からは、歯科関連の本、雑誌を読み、資料を集め、一人で今年一年の反省会、そして来年の目標をたてようと、案をねる。この作業は今年いっぱいまでかかりそう。
休憩時間に久しぶりにCNNをみた。最近英語をぜんぜん聞いていないので、あきらかに英語力がおちた。かなり集中しないと、トーク番組が理解できない。来年は、もうすこし英語の勉強をまた、始めよう。
高岡の歯医者 やまもと歯科医院

通信簿もらい

2004年12月22日


今日は、こどもの通信簿もらい。こどもがもらってくる答案用紙からおおよその想像はついていたが。みごとな、成績。みてあきれるばかり。毎日、夜おそくまでゲームばっかりしているので当然といえば、当然である。でも、勉強しなさいといっても、しないのはわかっているもので、通信簿をこどもの前でみて笑っておしまい。将来を思うと心配ではあるが、なんとか、自分でするだろう。
午後に歯科関連のビデオがとどいた。以前はアメリカ歯周病学会の講演のビデオを数本購入して、とても、勉強になったので、今度も期待どうりのビデオか、みるのがたのしみ。ビデオでは何回も、繰り返して同じものをみれるとこがいい。世界的に有名な歯科医のオペは実際には、直接みることができない。ビデオではそれができる。やっぱり世界一の歯医者の腕はちがう。わたしも世界一とはいわないが、日本でトップクラスにはいれるように猛勉強するつもりだ。
高岡の歯医者 やまもと歯科医院

インプラント漬けの日

2004年12月21日


今朝から、ほとんど一日中、インプラントの埋入手術ばかりの日であった。超難症例ばかりで、東京医科歯科大学臨床教授の田中収先生のたすけをうけて、全症例、無事終了した。非常にあわただしい日でもあった。最近はインプラントをいれる人も昔と比べれば、おおくなり、失った歯を補う方法としては最高の治療であり患者さんの生活の質を向上させるのに寄与している。。アメリカでは、ほとんど入れ歯をいれる人はおらずインプラントが主流である。日本ではまだまだ入れ歯が主流である。あと10年後はどうなっているだろうか?私個人としては、インプラント治療が最高であり、入れ歯やブリッジよりはるかにすぐれていると思っているがなかなか患者さんにはすすめにくい。保険がきかないのでかなりの高額になるからだ。もっと、低額でだれでもうけれる治療にならないだろうか?

    高岡の歯医者 やまもと歯科医院

歯医者の本音

2004年12月20日


午前の最後はミーティング。きょうの午前の反省点はおおかった。根本的なシステムの変更も決定された。やはり「患者さん第一主義」を徹底するためには、常に改善して前進させることが必要だ。朝一番の患者さんの導入係を新設して、スムーズに診療を開始させようというものだ。これで、最初のもたつきを解消して、それと同時に待ち時間を短縮させるねらいがある。うちのスタッフは働きものばりだが、ときどき、空回りすることもあった。これで、空回りを解消する方法も話し合った。とても建設的なミーティングであった。
最近、ソニックケアという電動歯ブラシを1日1回使用している。毎日、寝る前に使用している。夜眠い時には、この電動歯ブラシのありがたみがわかる。朝はそのぶん普通のブラッシング。だいたい30~40分かけて丁寧にみがく。これを業界人でない人にいうと変人あつかいされる。でも業界人にはこういう変人がおおい。
          高岡の歯医者 やまもと歯科医院

歯医者の休日

2004年12月19日


県内で開業しているS歯科医院の院長先生よりメールがあった。S歯科医師はとても熱心で仕事にはとても意欲てきである。私もS歯科医からいろいろなことをおしえていただいた。あさっては久しぶりに(2ヶ月ぶりに)東京医科歯科大学の臨床教授である田中収先生が私の歯科医院にこられる。S歯科医も私の歯科医院にこられて田中先生と私の手術の手伝いをする予定である。田中先生は今年はもうインプラントを800本以上埋入されたそうである。たぶん、日本で一番多くインプラントを埋入された歯科医師である。成功率も多分 日本一である。わたしも、田中先生にお会いするのがたのしみである。
最近、歯のマニュキアが発売された。世界初である。わたしの歯科医院でも、取り扱いをしているが、爆発的な人気で材料の製造が間に合わなく、今度、とどくまで、1ヶ月以上かかるそうである。日本でもようやく審美というものが注目されるようになった感じである。やまもと歯科医院

歯医者の本音

2004年12月18日


歯科助手が一人やすみ、大変いそがしい土曜日になりました。ひとりやすみの穴をうめるため、他のスタッフもてんてこまいに働く日でした。私も一日でいいから病欠をとってみたい。学生時代からここ20年間1日も病欠をとっていない。でも、これは、自営業者の宿命でしょうか?学生時代の病院実習のとき、気分が悪く壁によりかかり、うずくまっていたとき、入院患者さんから大丈夫ですかと声をかけられたのが昨日のことのようです。
通常の診療後、S総合病院に入院している患者さんの義歯のセットにいってきました。途中まで来院されていたが、急に病気で入院された患者さんだ。やさしい娘さんがいつも、そばにいてその患者さんを気付かっていた。わたしも、やさしい娘をもちたいものだ。そして、この患者さんのような、老後をおくりたい。でもたぶん、無理でしょう。うちの子はげんきすぎて。

歯医者の本音

2004年12月17日

夜の診療は衛生士がひとり欠席のため、割合しずかな夜でした。毎日、夜おそくまで働いておられるかたも多く、人気の予約時間帯になりました。でもスタッフの人数が極端に減るため、あまり予約をいれることはできません。ご迷惑をおかけして心苦しいです。
日銀の課長らが新札のすり替えで処分され、社会は明らかに変わってきています。世間の常識に反して狭い社会でいままでは通用したことが、通用しなくなってきている。社会の公平さ、国民利益と言う観点ではいいこことです。歯科界でしか通用しないこともたくさんありますが、これもいっきに変化しそうな勢いです。