高岡市 歯医者 歯科 やまもと

やまもと歯科ブログ

やまもと歯科通信5月号完成

2005年05月16日


毎月1回発行していました「やまもと歯科通信」の5月号がようやく完成しました。前回は4月の上旬に完成しましたから、1ヶ月半ぶりの発行となります。内容は、私が連載している部分は、その他の内容がたくさんあるため短くなってしまいました。1ページめは通例のようにスタッフの記事になっています。今回はSさんの文章です。その文章にはSさんのきまじめさがでてて、とってもいい記事でした。このニュースレターに関しては歯科医院のなかでは、一部の根強いフアンが数名おられます。先日、バックナンバーの注文を受けたときはとてもうれしかったです。近い将来、バックナンバーをホームページに掲載よていです。
私のパートはあまり深く考えてはかいてませんので、いろいろな本音がかかれています。でも歯科関係のことはあまりかかれてはいません。来月はもっとはやめに発行する予定です。

ソフトボール

2005年05月15日


朝から、町内対抗のソフトボール大会がありました。久しぶりにすると、簡単そうなボールがとんできても、ポロポロと落としてしまいます。投げると、びびってとどかなかったり、悲惨な状態でした。
ゲームが終わると、からだ中があざだらけとなり、日頃の運動不足をあらためて実感させられました。2ゲームがおわり、帰るるころには、久しぶりの、ほろ酔い気分で、午後から伏木の祭りに行く予定でしたが、アルコールが抜けないため中止になりました。
あしたは、たぶん筋肉痛で動けないのではないかと不安です。

歯科用コンピューターソフト

2005年05月14日


歯科用コンピューターソフトは簡単なのもでもかなり高額です。そして、コンピューターにあまり詳しくない私にとっては、インストールすることさえかなり難しく、四苦八苦という状態です。しかし、やまもと歯科医院の有能なスタッフYさんは何でもこなせるスーパーウーマン的な存在で、コンピューターや会計仕事でもなんでもできます。今回もYさんにインストールやその他の入力をしてもらうことになりました。これで、数日後にはなんとか使用することができそうです。使うのが、楽しみです。

ソフトボール

2005年05月13日


もうすぐ開催される町内対抗ソフトボール大会に私がエントリーされました。勧誘に来られた町内会の役員の方に、「ソフトボールが上手だという、うわさを聞きましたよ」といわれましたが、実際にはそんなに上手でもなく、若い方が大勢参加されるのでかなり下手な参加者になりそうです。
小学生のときはかなり自信があったのですが、あれからもう30年たってしまっているので、大会では、チームのメンバーにかなりの迷惑をかけてしまいそうです。
以前には、この種の大会に参加して筋肉痛になったり日焼けで顔が真っ赤になったりと日頃の運動不足がでてしまい、若くないことを、いつも痛感させられます。
今回はどうなるか、一回目の打席のまえにエラーの連発で監督から交代の指示をうけそうな予感がします。

歯医者のドラマ

2005年05月12日


今日のチューリップテレビの午後の9時からあったドラマ「夢で逢いましょう」はおもしろかったです。矢田亜希子さんが主演するドラマで主人公は歯科衛生士です。その歯科医院の出来事と家庭での出来事が中心に描かれています。ドラマの中では、歯科衛生士業務を患者担当制にしはじめたり、メインテナンス患者さん専用の歯科用チェアーを購入しようとしたり、今の、歯科界のトレンドがそのままドラマになったものでした。ドラマをみながら、やまもと歯科医院ではずっとまえから歯科衛生士業務は患者担当制をとっているとか、口の中のクリーニング専用のメインテナンス用のイスをこの前、購入したとかと、つぶやきながらみてしまいました。でも、この歯科医院の院長みたいにかっこいい歯医者はやまもと歯科医院にはいません。残念。さえない歯医者ぎり。

歯医者と国民年金

2005年05月11日


国民年金の未払いとかなんとかが去年は話題になりました。保険料を払っていない政治家や有名TVキャスターなども話題になりましたが、開業歯科医師はどうなんだろうかと疑問をもたれたかたもおられるのではないかと思います。開業歯科医師は大体は国民年金に加入しています。そして、ほとんどの歯科医は未払いなく保険料を納めているものとおもわれますが、この前、東京でひらかれた講習会にいったら私と同じ歳で、いちども払ったことのない開業医がいました。やはり全国のひろさを痛感しました。でも、よくかんがえるとたしかに額はちさいですが、民間保険会社の年金と比べるとかなりお得だとおもうのですが。その開業医は埼玉県で開業しているのですが、かなり年金制度に懐疑的なようでした。65歳をすぎるとほとんどのサラリーマンの方は仕事をやめるそうですが、歯科界では65歳をすぎてもほとんどの人たちは現役ではたらいているようです。でも、やはり年金は必要なものと思います。

同窓会

2005年05月10日


今日の郵便で大学の同窓会名簿がとどきました。富山県内には同窓生が11人いるそうです。県内には400人以上の歯科医がいますからこの数はかなり少ないです。高岡ではたぶん90人ぐらいの歯科医がいて、そのうちの2人だけです。半数近くがN歯科大学の同窓生だというはなしですので2人というのはさびしく、どんな企画もできませんし、もりあがりません。でもたしかに九州の大学まで行くというのは地理的には少ないというのは当然ですが。同窓会も年に2回ぐらいおこなわれていますが、数がすくないために同窓会主催の学術講演とかはなかなか開けないようです。将来的にも急に人数が増えることは考えられず、このまま、こじんまりとした同窓会となりそうです。

月曜日のやまもと歯科医院

2005年05月09日


歯科医院を運営していて思うことは、「いつも一難去ってまた一難」ということです。ずっと何にもなくすぎることはありません。なにか問題がおき、解決できてもまたあらたな問題が発生します。私自身が問題に目をつむれば問題の数が半分ぐらいに減るのかもしれませんが、私は歯科医院をなんとかいい方向にもっていきたくおもっているため、つい問題をみすごすことができずに、問題を問題化してしまいます。これにつきあわなくてはならない歯科医院スタッフも大変だとは心ではおもっているのですが。そして、日々反省してしまいます。いろいろありますが、楽しくはたらかせてもらえるのもスタッフのおかげですので、いつもスタッフへの感謝の気持ちをわすれずにしごとをしていこうと思います。

歯医者の休日

2005年05月08日


午後8時過ぎに電話がありました。子どもが顎を打って歯がぐらぐらになった状態です。きょうは、たまたま家にいたため、なんとか患者さんの治療をすることができ、不在というような迷惑をかけずにすみ一安心でした。小さい子どもをおもちのかたは、やはり何かと心配なことが多いと思います。私のこどももまだ小さいですが、小学校にあがるまえは、熱がでたり、いろいろたいへんでした。いまでも心配ばっかりしています。
明日からどこの会社も、本格的にしごとがはじまります。やすみ気分を吹っ飛ばして、明日からまた、つっぱして行こうと思います。

武士の歯磨き

2005年05月07日


今朝の読売新聞によると、長崎大学のチームの研究で武士は庶民よりむし歯が少なかったとうい報告がありました。武士は自分の健康管理に注意をはらってたらしいです。男性のほうが女性より熱心だったいうことなので、現在の状況とは反対のようです。
武士といってもいろんな武士がいますが、将軍になると、逆にむし歯だらけだったいうことです。たしか13代の将軍、和宮の夫であった将軍の口の中はむしばだらけでした。砂糖が薬としてつかわれてたらしいです。この将軍は若くして大阪でなくなったということですが、やはり歯が悪いと、昔はちゃんとした入れ歯もなかったためか早く死ぬひとが多かったようです。
ゴールデンウイークももうすぐおわろうとしています。休み中に仕上ようとおもっていた宿題も半分ぐらいしかできなかったです。あと1日はひさしぶりに家でごろごろしていたいのですが、どうなることでしょうか?

金曜日のやまもと歯科医院

2005年05月06日


昨日は、東京での3日間の滞在を終え富山に戻ったために体力的にもつかなと思いましたが、睡眠を十分とったためか、問題なく順調にいきました。富山に戻る途中、小杉のS歯科医師と偶然、羽田であいました。家族での旅行らしいです。
羽田はたくさんの人でごった返し、昼食をとるのもたいへんでした。あるレストランでめずらしくカツどんを注文しました。値段をきいてびっくり1800円ぐらいでした。東京のど真ん中でもそんなにしない値段で、味はご想像のとおりで、やはり、昔の歯科界とおなじで需要供給のバランスがくずれていて、大勢の航空機の利用者と少ないレストランという状態なので、仕方ないことなのでしょうか。

グッド サマリタン

2005年05月05日


日本ではJR西日本の事故で、事故をおこした電車に2名の他の電車の運転手がいたにもかかわらず、救助活動をせず、そのまま仕事に向かったそうです。フランスには(グッド)サマリタン法があり、医師などが通勤中であろうがなんであろうが、怪我をしている人を発見したら、あかの他人でも助け、医療行為をしなくてはいけないそうです。さもなければ刑事罰をうけるそうです。ダイアナさんがパリで交通事故にあったとき、通りがかりの医師がまずかけつけたそうです。アメリカの飛行機のなかでは、病気の人がいたら機内放送で医師をさがします。ずいぶん日本社会と外国の社会は違うようです。つい最近のはなしでは、アメリカでは機内放送で、医師の前に,後でみつける医師のためにまず弁護士をさがす放送をするそうです(笑い話です)。
日本の常識は、世界の非常識
私見、キリスト教社会と日本社会の違いでしょうか?

既得権

2005年05月04日


最近、大阪市の市職員のいろんな手当が問題になっています。世間の常識からみれば考えられないことばかりですが、当の大阪市の職員にしてみれば当然の権利のようです。40年ぐらい前、まだ市職員の給料が民間とくらべて、かなり低かったころは、市職員のためを思って開始しかものが、だんだんエスカレートし、それが当然となりそのうち、一流企業をぬくようになったのでしょうか?組織の中にいると、組織のなかの理屈だけが通用し、それが一般社会の常識とだんだんかけはなれていくのが気がつかなくなるのでしょうか?既得権益のわるいところでしょうか?
わかりませんが、これと同じようなことが日本歯科医師会を舞台にした日歯事件になったのでしょうか?いや、ちょっと種類が違いそうです。

歯医者の憲法記念日

2005年05月03日


今日は憲法記念日なので、憲法について考える日らしいので、やまもと歯科医院の憲法、つまり やまもと歯科医院の理念についてかんがえる日にしてみようとおもいます。当歯科医院の理念もかなり高い理想を唱っています。それを 完全に実現するには、かなりのパワーを必要とします。そして山形県酒田のK歯科医師がいうように、基本的スタンスはかわらないが、常に変化しなければ、歯科医院の成長は望めない、つまり理想を実現するためにいつも試行錯誤の繰り返しということです。私には、K先生のよな能力も強い意思もありませんが、すこしでも近づけるよう努力していきたいです。

コンピュータートラブル

2005年05月02日


ウイルスバスターを更新したことによるトラブルがいろんなところでおきているようです。とらぶるが起きた日、やまもと歯科医院のホームページのカウンターがほとんどとまったことから判断すると、かなりおおくの方がウイルスバスターの被害にあったものとおもわれます。私のパソコンも使用不能となりました。復旧するのに4時間かかりました。そして今日ようやく正常に機能するようになりました。それまでかなりの時間と労力をついやしてしまいました。
どの業種でも危機管理というものは大切です。コンピューター会社も歯科医院もおなじです。そして、マイクロトレンドのような失敗をしないように、やまもと歯科医院ももういちど、業務を基本からみなおす必要があるかもしれません。
 

歯医者の友人

2005年05月01日


今日の朝、メールをもらいました。大学時代の友人で今、四国で開業している友人です。私のホームページをみて、連絡をくれたそうです。その友人のメールでは、すばらしいホームページだといってもらいました。どうもありがとうございます。確かに、歯医者や業界人にはとても評判がいいホームページではあるらしいのでが、、、、。残念、自己満足の歯医者斬り、、、、、、、という感じです。けっして自己満足のためにしているのではないのですが、自己満足という結果に終わらないように、読者は少ないながら、歯科医療の情報を求めている方々に情報を発信し続けて生きたいです。
懐かしい友人からのメールで久しぶりに卒業アルバムを開いてみました。写真のなかの若々しい私に驚いてしまいます。卒業して16年たちました。そして、外見もすごくかわりました。あと、16年後はどうなっているのでしょうか?想像すると、とても恐ろしくなります。

やまもと歯科のミーティング

2005年04月30日


昼の12時30分から3時まではミーティングでした。ミーティングではスタッフ全員が真剣に建設的な意見を述べてくれ、歯科医院をすこしでも、よくしようとしてしてくれているのがわかり、とてもありがたく、感謝をしたい気持ちでいっぱいになりました。私たちの使命は歯科医院においでくださる方の口のなかの健康を守り増進することをとおして、その方々が質の高い生活をおくるのに、すこしでもお役にたつことです。スタッフ各々がいろんなことをかんがえてくれているようで、私自身もとても勉強になりました。
 ゴールデンウイーク中のためか、かなり静かな土曜日となりましった。土曜日のわりには新患の患者さんのすくなく、めずらしい土曜日でした。富山に帰省中のかたも来られ、世間では休みなんだと実感しました。

歯医者のゴールデンウイーク

2005年04月29日


きのうのテレビ番組ですごい歯医者がでていました。たしか夜7時か8時だいの番組です。すごい金持ちの歯医者です。国家試験の家庭教師もしている東京の矯正歯科医です。家庭教師をしてそのお礼に外車をもらったりしているそうです。そして、自分も外車をプレゼントしたこともあるそうです。一般の歯医者の常識をこえた歯医者です。でもやはり、本業ではなく、副業の家庭教師の収入がメインなのでしょうか?
ゴールデンウイーク1日目は、無事にすぎました。久しぶりにまとまった時間がとれたので歯科関連の原稿をかきあげていました。8割ぐらいできましたが、3時間ほどで集中力が切れてしまったため、後日完成させるようにしました。私最近、英語だけではなく、日本語の文法もかなりあぶなくなってきているらしく、何かしっくりしない文になってしまいました。

木曜日のやまもと歯科医院

2005年04月28日


午後から友人のカナダ人と日本人のお嫁さんと赤ちゃんが私の診療所にきました。その友人は日本語をかなりしゃべれるらしいのですけど、私としゃべる時はいつも英語をしゃべります。私の英語も、特に最近はあやしくまってきていますが、そのカナダ人は私がなにを言いたいかは、理解してくれたらしいです。カナダに家族で一時帰郷するらしく、幸せそうな一家でした。治療を終えて帰るころは私も忙しくなり、ろくな挨拶もせずに見送ることになってしまい、すごく反省しているしだいです。
いよいよ明日から世間ではゴールデンウイークがはじまるようですが歯科業界は暦どうりの営業をするところがおおいようです。私のところもそうです。やはりきびしい業界の宿命でしょうか?

最近のホワイトニング事情

2005年04月27日


日本におけるホワイトニングもここ最近かなり進化しました。きのうS歯科医師からチタンを使ったホワイトニングの材料をみせていただきました。私自身はその材料をつかったことがないので、どれだけしろくなるかは不明です。私がおもに使っているのはブーストといわれているものです。ひかりも使わず、簡単に白くなりますので、私のお気に入りです。また、いままで全部の症例で1回で白くなっていますので素晴らしい商品です。さすが審美歯科の国アメリカが産んだ技術です。今のアメリカのトレンドを常に注意深く追っていないとベストなサービスを提供することができないのが、審美歯科界の現状です。