高岡市 歯医者 歯科 やまもと

2017年06月の記事リスト

厚生連高岡病院 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年06月30日

厚生連

厚生連高岡病院より地域医療連携協力機関として登録され その立派な登録証を頂きました。

私の世代以上の人にとっては 農協病院と言った方が 馴染みが深く、私も小学1年生の時に しばらく入院していた病院で、当時はよく 病院内を探検して、怒られてましたが。最近は最新医療や 熱心な取り組 みで テレビなどで よくみることがある病院です。

厚生連高岡病院の歯科口腔外科、その他の科と連携協力し 質の高い歯科医療の提供に努力していこうと思います。

 

 

手術なしの舌がん治療 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年06月26日

舌がんの治療には大きく分けて 3通りの方法があります。

手術療法 放射線治療  化学(抗がん剤)療法 です。

 

従来の方法は 手術をして舌の一部を切除し 放射線治療して抗がん剤を使うという方法でしたが、

最近 大阪大学歯学部の歯科医師が開発した方法で、手術なしで 放射線治療で治療する方法を確立しました。

 

放射線治療は 体の外から放射線をあてる外部照射と内部から当てる組織内照射があります。外部照射は健康な部分にも放射線があたる範囲が広く 副作用が強く、 組織内照射は健康な部分には わずかしかあたりませんので副作用がわりと少ないというものの、その組織内照射でも 舌がんの治療の場合 健康な顎の骨にも わずかにあたり顎の骨が腐って深刻な問題となったりします。これを解決するために マウスピース型の装置をつくり それに鉛板を装着可能にする方法です。この鉛板で放射線を遮断できます。歯科医師的には 単純な発想のように思えますが、これを実用化するのに、10年かかったそうです。

 

顎が腐って 顎を切除すれば その後の生活が 一変して、大変な思いを強いられますので、この方法が普及すれば、舌がんの患者さんにかなりの恩恵をもたらします。大阪大学病院では26人の患者さんがこの治療をうけ いまのところ顎骨壊死の副作用は1例もないということですので、高岡市を含め全国にこの治療方法が早く普及して欲しいです。

 

 

歯科医師過剰問題 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年06月25日

歯科医師過剰といわれはじめ、もう30年ぐらい経つでしょうか?

メディアでは 歯科医師は ワーキングプアーと言われ10年ぐらいで、年収300万円以下が歯科医師の4分の1と言われ、週刊誌ではその苦しい実情が赤裸々(ときに大袈裟に)に語られていましたが。

都会では、歯科医院の経営難による閉鎖は日常的にあり、開業時の投資金額がそのまま借金としてのしかかり、大変苦労されている歯科医師もいるということです。

薬剤師も 過剰ぎみで 急激な新設大学薬学部の開学により、将来 過剰が予想されています。また、現在でも 公務員薬剤師は 人気が高く その職を得るのはかなり難しいらしいです。

医師会も歯科医師会も薬剤師会も定員を増やしたくない 人数は足りていると ずっと言ってきてますが、

では獣医師は 獣医師会や獣医師は 過剰と言っているそうですが本当に過剰なのでしょうか?我々、素人の感覚としては、公務員獣医師の絶対数が不足している現実があり、需要と供給のバランスから 言えば足りないのではないかと思ってしまいます。極端に そして 大袈裟に言えば、獣医師の総数を今の2~3倍にすれば公務員獣医師不足はすぐに解決すると思われますが

文科省の前事務次官、そして 隠された文書をリークした文科省官僚の正義感とその勇気には、感心すると同時に尊敬してしまいます。でも、その正義感、文科省内部で  目の前で繰り広げられた 違法天下り事件の時にも発揮していただきたかったです。

 

 

日本人の死因3位 肺炎 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年06月23日

最近では 日本での死亡理由の3位が肺炎となっています。その中で 94%は75歳以上の高齢者です。また、食べ物 食塊、飲み物や唾液が胃の中に入らず、肺に向かう気道に入ることによって感染を起こすタイプの肺炎は70歳以上では、約70%です。

唾液や口の中に残った小さい食片は、夜 寝てる時に誤って飲み込む、誤嚥していることもよくあります。特に 嚥下機能が低下した高齢者、脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病などの神経疾患、寝たっきりの方におこりやすくなります。

歯科分野の研究では65歳以上の高齢者は ブラッシング能力が低下してくるという結果もあります。また、高齢や 薬の副作用で唾液が減少するということもありますし、免疫力など 色々な要素が加わり 口の中の細菌がおおくなります。

以上のことが理由で 高齢者には 誤嚥性肺炎がおこる可能性が高くなります。

予防としては 口の中をできるだけ、清潔に保つことが重要となります。その一つとして 口腔ケアがあります。

最近 歯科が高齢者の健康 QOL 幸福に貢献できる分野として期待されていることで、また 高岡市の歯科医師、歯科衛生士なども熱心にとりくんでいる専門家もおおいですので、もっと普及をさせる必要があります。

 

 

 

 

8020   富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年06月21日

8020運動とは、80歳で20人の友達をつくりましょう(ある医療職の国家試験問題の正誤問題より) という運動ではありません。日本歯科医師会が中心としておこなっている 80歳で20本の歯を残そうという運動です。

私が歯医者になったころの30年ぐらい前の 80歳での平均残存歯数は4本ぐらいで、8020を達成しておられる方は7%ぐらいでした。最新の調査によると、80歳で20本以上の歯を持っておられる方 つまり、8020を達成された方は50%を超えたそうです。平成34年を目標達成にかかげていたので、目標をよりかなり前倒しして達成されました。

私は歯科医師になったころの高齢者は、多くの方は、総入れ歯で 入れ歯が当たり前の時代でした。当時の高齢者の男性の多くは、戦争に行って 歯がボロボロになったと言っておられたのが印象的でしたが

また 私が勤務していた山口県の 歯科医院が 通える範囲で始めてできた かなりの田舎の地域では、歯科医院には そうは通えない為か 以前は 悪い歯は抜くという感覚があったようで ほとんどの高齢者の方は総入れ歯で また 歯の修復などの治療を受けておられるかたも少なく、私が はじめて高岡市内で働き始めたころ、その違いに驚きました。

いずれにしても 歯に対する 知識 口腔衛生の考えが 普及して、急激に改善したのは間違いなく これからも 団塊の世代が80歳になるころには 更なる改善するものとおもわれます。

 

 

口内炎 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科

2017年06月18日

口内炎には いくつかの種類があります。

 

①アフター性口内炎 最も多い口内炎で、歯科医院を来院される方の多くは、このアフター性口内炎です。明確な原因は不明ですが、ストレスや疲れで からだの抵抗力が下がっていたり、栄養が偏っていたりビタミンB2の不足が原因といわれています。ステロイドの塗り薬 パッチで治療したり レーザーをあてて治療します。レーザーを当てるときは 表面麻酔をしないと 飛び上がるぐらい痛いです。

 

②物理的刺激による口内炎 入れ歯や矯正装置が口の中に当たっておきる口内炎です。原因を除去すれば すぐに治ります。以前(25年前)矯正のワイヤーが頬っぺたのさきに当たる時の対処法を患者さんから おしえてもらいました。ティッシュペーパーをちぎって水で濡らして飛び出ているワイヤーに巻き付けることです。

 

③アレルギー性口内炎 アレルギーによる口内炎 歯科では、口の中の治療による金属などが原因です。見落としがちですが口の中だけでなく手や足その他のからだの部位にも症状があらわれることがあります。原因を除去すれば 治ります。

 

④ウイルス性口内 ウイルスが原因でおきる口内炎です。歯科医院にも時々 ウイルス性口内炎の患者さんが来院されます。歯科に来院される方ではヘルペス性口内炎が一番おおいですが、時々ヘルパンギーナや手足口病の子どももおられます。治療は、抗ウイルス薬が効果があります。抗ウイルス剤は比較的最近できた薬です。大学時代のウイルス学の授業の時 教えておられた久留米大学医学部の新宮教授がこの抗ウイルス薬でウイルスによる失明を劇的に減らすことが出来ると力説されてました。

 

⑤カンジタ性口内炎 カビ 真菌による口内炎です。カンジタは口腔内に必ず存在します、通常はカンジタが存在しても何の症状もありませんが、免疫力が低下してると症状があらわれます。高齢者に多い口内炎です。通常の口内炎の薬のステロイド系の薬を塗ると悪化します。抗真菌剤の使用が必要になります。一般的には抗真菌薬は副作用が強いといわれてますが、内服や点滴するタイプは副作用が強いですが、口の中に塗るだけのものは、量的に少ないことと、体内に吸収される率が低いため、副作用は、ほとんどありません。

 

以上の5つのタイプの口内炎以外にも口内炎がありますが、歯科大学病院に来院されることはありますが、通常の歯科医院に来院することは、まずありませんので、省略いたします。

 

イノシシ 牙科醫院 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科

2017年06月14日

先日 高岡市米島の中越パルプ付近の交差点でイノシシが目撃され その後 伏木方面に逃げたそうです。

やまもと歯科医院から かなり近い所で、イノシシがあらわれるとは、驚きでした。米島交差点のカドにあるセブンイレブンに行くときは 気を付けていかなければと思いました。この前 福井でも イノシシの牙につかれて大怪我された方もいたそうなので

 

「牙」は日本語では「キバ」ですが、台湾では「牙科」といえば、日本語でいう「歯科」のことです。九州歯科大学の大学生だった時 台湾からの留学生や先生がおられ、大学の同窓会や 多くの卒業生 同窓生が台湾におられたことから、この台湾語(マンダリンでも牙科かは未確認)を教えてもらいました。終戦までは、台湾は日本の統治下で また一番近い歯科大学ということで おおくの台湾からの学生が来ておられたそうですが、最近では、台湾の学生も東京の歯科大学にいくことが多くなったということで、同窓会台湾支部は 小さくなりつつあるようです。

 

頭痛と歯痛 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科

2017年06月11日

歯痛で歯科医院を受診される方の中には、歯が痛いのと同時に 頭痛もすると言う方もおられます。その頭痛の程度にはかなり差とバリエーションがあります。

一番多いのは虫歯 歯髄炎により 歯と同時に 頭痛がする場合です。三叉神経の走行の関係で起きると言われています。

これに関しては、虫歯は歯科医がみれば、一目瞭然ですので、歯科治療で簡単に解決できます。

我々歯科医師として、診断に時間がかかるのは、虫歯ではないのに 強い歯痛と 時には弱い(または ほとんどない)頭痛がある場合です。

一時性頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがありますが、この中の群発頭痛の患者さんが 時々歯の痛みで歯科医院に来院される方がおられます。来院時には、痛みがないことが多く患者さんの話だけでは、中々 診断が難しいです。ただ、その場で 患者さんが言う歯痛がおきれば、簡単に群発頭痛の診断ができます。

副鼻腔炎(上顎洞炎)も虫歯でないのに 歯が痛いと言う 訴えで歯科に来院される方がおられます。同時に頭痛もあるこも多く、レントゲン撮影(パノラマレントゲン、CT、ウォーターズ法など)で 多くの場合診断が可能です。

その他 色々な可能性がありますが、歯科医師としては、歯が原因でないかもしれないと 納得していただけるまで、診断のための検査にさえも入れないのが大変なことです。

 

 

 

歯科診療に役立つ精神科の知識 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科

2017年06月07日

診療後 富山県保険医協会 が主催の講演会「歯科診療に役立つ精神科の知識」に参加しました。

統合失調症、うつ病、アルコール依存症 歯科(口腔)心身症 などについての精神科専門医から詳しい解説がありました。

この分野の疾患をベースとして持っておられる方が、その一症状として、口腔内 顎など その周辺に症状があらわれると、歯科だけでなく、精神科との協力のもとでないと、解決できないことがあるので、精神科について理解することは大切です。

人間のからだは 歯科 精神科 歯 口 脳 と別れておらず、一体となっているので、総合的な知識の重要性を再認識しました。

 

 

ゲンキの時間 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科

2017年06月04日

今日の朝7:00のチューリップテレビのゲンキの時間のテーマは歯についてでした。

6月4日今日は むし歯 予防デイ ということもあってこの話題となったようです。

唾液緩衝能(口の中の酸性になった状態を中性にもどす能力)や唾液量 酸性度 などが紹介されてました。この科学的に虫歯がおきるメカニズムは 我々の世代の歯科医師は、大学ではあまり授業ではなかったことで、日本では20年ぐらい前から歯科学でいわれてきたことです。

もうひとつの問題は 食いしばり 歯ぎしりの問題です。のつけ根の部分が削れて 虫歯になりやすくなります。

歯ぎしりで虫歯や歯周病が悪化された方は、かなり多くおられますが、実際、歯ぎしりを自覚されている方は 少なく、自分は歯ぎしりを 絶対していないと いわれる方もおられて、中々難しい問題です。

穴が開いたところを ただ詰めるだけでなく 虫歯の もとの原因から解決する治療は大切です。

 

胃がん 大腸がん 口腔ケア 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科

2017年06月01日

胃がん 大腸がん 前立腺がんなどの癌の手術を受ける際に 前もって口腔ケアを受けると 手術に伴う合併症の可能性を低くでき 入院日数も短縮する効果があります。

手術、抗がん剤の化学療法や放射線治療に伴い 体の抵抗力が下がり 肺炎を起こしたり、その他いろいろな感染症がおきる可能性が高くなりますが 前もって口腔ケアをしておくと その可能性を低くできます。

口の中には多数の細菌が存在して、口は消化器系の一部となっていますので、当然といえば当然の結果ですが。

最近 高岡市でも がんの手術の前の口腔ケアをすることが 多くなってきています。

これからも どんどん広めて、歯科からも がんの患者さん方の回復のお手伝いができればと思っています。