高岡市 歯医者 歯科 やまもと

やまもと歯科ブログ

嚙み砕けるけど、むせる 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年08月16日

嚥下(えんげ)障害には、色々ななパターンがあります。

 

すべての方が、食べ物がを噛み砕くことができなくて、しかも、ゴックンと飲みこむことが出来ないというわけではありません。

 

中には、食べものを、かみ砕くことはできるけれども、うまくのみこむことが出来ない人もいます。

 

つまり、歯科的には問題はあまりないけれども、のみこむこと自体に問題がある方です。

このパターンの嚥下障害の場合、食べるとき以外にみられる症状としては、何でもない時に、つば、唾液が出てくる、ムセていることがよくある、舌が脳梗塞などの後遺症により動きにくい制限がある、などです。

 

こういう場合、食事の介助の時に、まず、試してみて損がない、まず第一に試してみる価値があるものに、

 

①鼻つまみ嚥下

②頷き(うなずき)嚥下

③横向き嚥下

があります。

 

①鼻つまみ嚥下 小学生のころ、どこの小学校にも、牛乳を口から飲んで、鼻から出せると自慢してたゲンキな男の子がいたと思います。

これは、鼻と口がつながっているということですが(この場合、牛乳は口腔⇒咽頭⇒鼻へと流れる)、正常であれば、ゴックンとのみこむその瞬間は鼻に空気、食べ物が抜けないように咽頭と鼻の境界は閉鎖されます(歯科的には鼻咽腔閉鎖と呼びます、軟口蓋が持ち上がって咽頭に接触します)。

高齢者の場合、色々な理由で、のみこむ瞬間にこの鼻咽腔閉鎖機能がうまく働かずに、嚥下に問題を生じます。したがって、こののみこむ瞬間だけ鼻をつまむと問題が解消される場合があります。

 

②頷き(うなずき)嚥下 のみこむ瞬間うなずくような動作をしながら嚥下する方法です。

喉の筋力が弱くなると、のみこんだつもりでも、喉に残ったりします(咽頭残留)。こんな場合、うなずくような動作をしながら嚥下すると、食塊を食道におくりやすくなります。食事の最後に大きくうなずきながら嚥下するのも効果的です。

 

③横向き嚥下 脳血管障害などで、片麻痺がある方の中には、のみこむときに問題を持っておられる方もおられます。麻痺がある側の喉がうまく動かないためです。その場合、頭を横下方に傾けて食事をすると、嚥下しやすくなることがあります。マヒのある側に頭をかたむけてもらいます。そうするとマヒがない側の食道が、広がる(麻痺がない側にかたむけると逆に空間をつぶす、せまくするような動きをします)。そして、時々 麻痺がないがわにも傾ける必要があります。マヒがある側に食べ物が残留してることもありますので。

 

 

またこの他に 嚥下反射をおきやすくすための、歯科医師、歯科衛生士によるアイスマッサージという口腔リハビリも効果があります。

 

 

 

歯科バージョン フェイクニュース 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年08月15日

アメリカのトランプ大統領が既存メディアをフェークニュース(fake news,偽ニュース)と呼んでいることが話題を呼んでいます。

確かに一部はフェークなニュースであり そうであってほしいという真偽が明らかでないことを事実のように言う希望的フェークニュースもありますし、意図したフェークニュースもあります。

最近では トランプ大統領は都合が悪くなるとすべてを、フェークニュースといってますが。

 

私、暫くの間、約10年間アメリカのCNN、ABC、FOXnews、イギリスBBCなどのウオッチャーをしていました。

ただ、確かに、一部アメリカのニュースは、フェークニュースの面はあります。

 

2000年のアメリカ大統領選挙の投票日の前日は、CNNによる特別番組が組まれていました。この年の大統領選挙は、共和党の当時ブッシュ ジュニア テキサス州知事と 民主党のゴア副大統領のあいだで繰り広げられた大統領選挙でした。

そしてその投票日前日の特別番組はブッシュが如何に無能でダメな人間で 甘やかされて育ったかについてほぼ半日を費やして放送されていました。

その中で あること ないこと いろんなことが言われてました。ブッシュさんの歯科治療歴についても語られ ブッシュの虫歯治療の本数,が治療歴が多いとか その本数、虫歯が多いというのは 自己管理ができない人間だというのを暗にいいたかったのか、そうしたら、ブッシュの子どもの時代の歯科衛生に対する状況、フッ素の利用状況などから、そのブッシュの年齢の年代では むし歯の本数は平均的だと反論する人もでたりしてました。

私はブッシュの支持者ではありませんが露骨なフェークニュースであふれてました。

 

では、歯科領域でのフェークニュースとは フッ素入り歯磨き粉 歯磨剤、フッ素洗口歯科医院でのフッ素塗布はとても危険で百害あって一利なしということでしょうか?

日本でも、フッ素は危険だと叫んでおられる歯科医師 歯科衛生士もおられるようで、著名な弁護士までこの運動をされています。その主張について検討すると

 

①フッ素は虫歯予防の効果がない。

これについて、ごく一部の研究者が特殊な環境下で効果なしといってることがありますが、ほとんどすべての研究者が虫歯予防効果が実験で確認してますし、実験でなく 実際 統計をとって フッ素を使用してるグループとしてないグループにわけると、むし歯予防効果は明らか。また、もともとフッ素の虫歯予防効果は ある地域に虫歯が少ないことを見出した歯科医師が調べたらその地方の水のフッ素濃度が驚くほど極端に高かったことからきている

 

②フッ素を 大量にからだに取り入れると急性症状 中毒をおこす

中毒をおこすためには、体内にとりいれる量は あり得ない量です。歯磨剤のチューブを数本 食べなければならなくなります。

 

③フッ素をとると 遺伝的疾患 ダウン症など また がんになる確率が高くなる

フッ素の水道水の所と そうでないところの統計をとってこれは 誤りだというのは 明らか

時々 一部で 高くなるデーターがあるが、調査対象人数が少なすぎて、あまりにも信憑性がない。

がんになった人を調べたら、その人の電話番号の最後の数字が 偶数だった人が多かった というようなレベルの数値 数 である。

 

以上のことから、フッ素はむし歯予防に有効であり、歯科医師としては、フェークニュースに惑わされないように していただきたいです。

可能性は極めて低いですが、元々の原因がむし歯で致命的になることもありますし、間接的にも、健康に影響を及ぼしますので。

 

 

 

 

 

 

歯周病の女性はがんになりやすい?富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年08月14日

最近、発表されたニューヨーク州立大学バッファロー校歯学部公衆衛生学の教授の研究によると、歯周病になったことがある閉経後の65869人の女性(54歳から86歳までの女性)を対象にした調査研究結果では、総じて、歯周病になったことがある女性は、がんになりやすかったということです。

 

乳がん、肺がん、胆のうがん、皮膚がんにおいては、歯周病になったことがある人には、かなりの関連、相関があったということです。胃がんに関しては、関連、相関は認められなかったという結果でした。

 

最も 関連、相関があったのは、食道がんで、歯周病でない人とくらべると、3倍がんになっていたということです。

 

主任教授によると、この理由は、食道は口にとても近い所にあるため、歯周病の病原菌などが、影響したのではないかと分析しています。

 

また、新たな 発見としては、胆のうがんと歯周病には、深い関連、相関があったということです。

顎口腔の病理学の研究をしている研修医でありこの研究を一緒に行っている歯科医師によると、胆のうがんの成り立ちには慢性炎症を示唆する研究はあったけれども、それを示す明らかな証拠 データーは今まで存在しなかったので、この研究が胆のうがんと歯周病の関連を示す最初のデーターであると、述べているということです。

 

では、どうして歯周病の女性は、胆のうがんになりやすいかの理由については、今のところ分からず、調査をして、統計をとって、分析した結果がそうであったということで、今後、さらに研究をして、この理由と関連性を、解明する必要があるということです。

 

この研究は、アメリカの大学でおこなわれたものですので、皮膚がんについては、この結果が日本でも当てはまるかという点では、疑問がのこりますが、(白人は皮膚がんになる率がとても高く、アジア系、アフリカ系は、皮膚がんになることは、そんなに高くないので)、日本でも、食道がん、乳がん、肺がん、胆のうがん、食道がんについては、よく似た結果がでるのではないかと予想されます。

 

 

 

摂食嚥下の細かいプロセス 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年08月13日

我々50歳代の歯科医師が大学時代の歯科学の専門課程で最初に習うことの一つに 嚥下の5相というのがあります。最近では嚥下の5期と呼ばれているものです。

 

ヒトが如何にして 食べ物を胃に運ぶかを 理屈だてて、科学するものです。

 

この嚥下の5相は基礎医学の生理学の授業で、勉強するもので、最近また、歯科領域だけでなく、医学を学ぶ人全員にっとて、大切なものとなり、理解することが必須となっています。

 

嚥下の5相ということで、嚥下は 5段階に分解されて、そして統合され 行われているという考えです。

①先行期

②準備期

③口腔期

④咽頭期

⑤食道期

です。

①先行期 食べ物を 食べ物として認知する期間です。健康が方は、形や量 臭いなども無意識に判断します。認知症の方はこの時に問題があり、食べ物と認識できなければ、それをたべるという行為も続きません。

 

②準備期 口の中で かみ砕き、バラバラなたべものを まとめるまでの過程です。歯で噛み砕いたり、食べ物を舌や頬で歯の上に乗せたりします。歯を中心とした歯科的な問題があると影響をうけます。

 

③口腔期 まとめあげられた食塊を舌の上から 咽頭に送るまでの過程です。

 

④咽頭期 食べ物を 咽頭から食道に送り込むまでの過程です。ゴックンするのもこの咽頭期になります。正常ならば いつも呼吸で開いている気道を食べ物が通る時は ふたを閉め 気管にはいらないように 無意識のうちに体は動きますが、気管の上で蓋が閉まらない 蓋が閉まるタイミングが遅れると気管に食べものが入ってムセたり 窒息したりします。

 

⑤食道期 食べ物を 食道から胃に送るまでの過程です。高齢者が食後すぐに横になったり(おきていれば重力で食道から胃に移動しやすくなります) 最近よく話題になっている胃からたべものが逆流したりすると、問題になることがあります。メンデルソン症候群

 

 

嚥下の5期といのは、古くからある嚥下についての 考えですが、実際には 固形物にかんしては、このように明確にわけておこなわれるものでなく、歯科学的には 咀嚼、かみ砕いている最中に 実際には、少しづつ 食べ物が口腔から咽頭に移動しているという事実からプロセスモデルという考えが最近では広がってきています。

 

前回の続き  富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年08月11日

④頭上げ体操(シャキアエクササイズ)

平らな面の上に 仰向けに寝ころび 頭だけを持ち上げるトレーニングです。アメリカののシャキア医師が考え出した方法で、効果が高いトレーニングではありますが、行うのは比較的 きついです。

 

⑤嚥下には 呼吸も深く関与してますので、呼吸の仕方を改善させることも 重要となります。

呼吸を改善させる方法として 歯科医師など医療関係者用語でシルベスター法というのがあります。両手 両腕を胸、腹の前で組んで、ゆっくり深く息を吸いながらもちあげます。持ち上げたら今度は、息をはきながら、もとの位置まで 下げていく方法です。摂食嚥下のに問題がある方には 効果があります。

 

⑥ゲーム感覚でできるものもあります。ストローの先端に 鉛筆のキャップをつけ、もう一方の端から、息を吹き込み どれだけ遠くに飛ばせるか競ったり、まとをつっくて 得点をとりあう方法です。単純なトレーニングに飽きるかたに最適です。

 

⑦カラオケトレーニング

うたを歌うのが得意な人には最適です。歌をうたうときの筋肉と 嚥下の時に使う筋は 重なるのもが多いので 有効です。私には一番 不向きな方法です。高岡市の歯医者では もう私にマイクをわたしてくれる人は 一人もいません。歌唱力は、ドラえもんの登場人物のジャイアンと同じぐらいなので、騒音公害として扱われます。

 

⑧その他 肋骨マッサージ 肩甲骨マッサージ など いろんな方法がありますが、

 

どのトレーニングほうが適しているかは、嚥下障害の原因、程度、環境、年齢、サポート体制など、いろんな要素を総合して歯科医師などから提案されます。

 

 

また、日常生活では、嚥下障害がある方は、気を付けなければいけないことがいくつかあります。

水やお茶などの液体は一般的には、ムセの原因になりやすいです。液体は口、喉を通る速度が速いので、気管にふたを閉める反射が 遅れて 食道にはいらず、気管にまちがって入ってしまう可能性が高くなるからです。

また、お粥やみそ汁など、液体と固体が共存する食べ物は、水分が誤嚥する原因になるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

肺炎 日本人死因3位 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年08月06日

日本人の死亡原因の1位はがん 2位は心臓疾患 そして 3位は肺炎です。

 

高齢者の肺炎で 重要なのは、誤嚥性肺炎です。

 

脳梗塞などの脳血管障害 パーキンソン病などの病気 加齢による筋力の衰え(喉の顕著な筋力の衰えは40歳代からはじまります。)、それに関連して 喉ぼとけが加齢と伴に位置が下がりゴックンとする時 持ち上がらなければならない距離が増え 持ち上がりにくくなったり、色々な原因があり、高齢者は誤嚥、誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。

 

最近亡くなられた、中村勘三郎さん 山城新伍さん 根津甚八さん(お兄さんは有名な歯科医師)たちも 誤嚥性肺炎で亡くなられています。

 

肺炎で命をおとす高齢者の7割は誤嚥性肺炎になっておられるということで、誤嚥性肺炎を予防することは、重要となっています。

 

では、その予防のために一番 大切なことは というと、口の中を清潔に保つこと 口腔ケア ということになります。

 

高齢者や 重病で入院しておられたりすると、自分で口の中を清潔にたもつことが むずかしくなります。(歯科医師による研究で高齢になると口の中の自分での清掃能力が下がることがわかっています)口の中は体のなかで、一番細菌が多いところです。肛門周囲より汚れているということになります。

 

食べているとき、口の中の細菌を一緒に のみこみますが、夜寝ているときも細菌を含んだ唾液を よくのみこみます。夜は唾液の量が少ないですので、体積あたりの細菌数は非常に多くなります。

 

これを防ぐために口腔ケアが必要になります。

 

第2に大切な予防は、喉をきたえることです。これには簡単にできるトレーニング法があります。

 

我々歯科医師が、患者さんに紹介しているトレーニングがいくつかあります。

 

①嚥下(えんげ)おでこ体操

おでこを片手で押し それに抵抗する力で頭が動かないように じっとしていることで喉にちからが加わり 鍛える方法です。2人でもできます。おでこと おでこを合わせて 互いに押し合うようにします。歯科衛生士のお姉さんが男性の高齢者とトレーニングする時に 評判がいい方法です。

 

②開口訓練

10秒大きく口をあけ 10秒休むこれをくりかえします。

脳血管疾患、高齢者全般に効果があります。舌骨の挙上や食道入口部の開大の効果があります。歯科的には顎関節症の方 顎関節脱臼の方はできません。

 

③あご持ち上げ体操

両手親指で下の顎の下部をおさえ、持ち上げる力をかけ、それに抵抗するように顎が持ち上がらないように 動かないようにする方法です。

 

④以降 次回ブログにつづく

歯科治療とがん化学療法 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年08月02日

日本人の2人に1人は がんになるという中 最近では、外来での がんの治療も普及して、歯科医院に来院される患者さんの中には、外来で 胃がん 大腸がん などの治療をおこない その合間に歯科治療のため来院される方がおられます。

 

歯科医師としては、病院でおこなっておられる抗がん剤の がん治療の内容が 把握できないと、歯科治療も中々進められないことがよくあります。

 

患者さんの中には、大腸がんの抗がん剤の治療を受けながら、インプラント治療を強く希望される方もおられます。一般的には月に何日か抗がん剤の治療を受けておられる方は、外科処置の代表であるインプラント治療をうけるのは、難しいです。

インプラント治療は 抗がん剤の治療が終わってからとなるのが 普通です。

 

一般的には 抗がん剤などの化学療法をうけてる 最中は 患者さんの 免疫力は かなりのダメージをうけています。

したがって、歯科医院からだす 抗生物質 鎮痛剤にも 影響がでます。

 

白血球の数 血小板の数なども 著しく減少することも しばしばです。

白血球は 体の外からの感染を防ぐために必要ですし、血小板は からだの一部に傷がついた時に 血液を固めて、出血を抑えるやくわりがあります。

 

抗がん剤の治療中に抜歯などの 歯科治療をうけることが出来る目安としては、

①白血球数が2000/㎕以上

②血小板数が4~5万/㎕以上

が必要です。

 

抗がん剤の治療がはじまって、数日で 白血球の数は最低になります。

この時期をナディア期とよんでいますが、このナディア期の白血球の数が2000を下まわらなければ、抜歯などの歯科治療は可能です。

また、血小板数が5万/㎕以下の場合、抜歯などの外科処置の場合、輸血も考えなくてはいけなくなります。

 

結論 いづれにしても、がん治療を行っておられる医師と歯科治療をおこなう歯科医師の連携が必要ですので、患者さん方には、そのへんのところをご理解いただき、ご協力をお願いしたいとおもっております。

 

 

 

 

 

歯科と摂食嚥下 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年08月01日

一昨日の日曜日 東京で歯科セミナーに参加しました。

テーマは摂食嚥下で、摂食嚥下と食べるものの食形態の選び方でした。

歯科大学、大学歯学部では、生理学や補綴学などの授業の時に、嚥下について 学びます。嚥下には、歯 口腔内、そして口腔周辺部の、器官 組織が行う運動ですので、歯科医師になるためには、必ず 勉強しなくてはならない分野でした。

そして、最近では、日本社会が超高齢社会に突入して、食べること 食べ物を嚥下することに問題をかかえた人が急増しています。 医療界では 今 摂食嚥下の問題が大問題となっています。

数年前までは、何でも胃瘻にしていた時代もありました。最近では、胃瘻からまた 出来るだけ口からたべられるようにしようとする方向には向かっています。

実際には、本当は胃瘻が必要でない方にまで 色々な事情があるのかもしれませんが、胃瘻が作られていたんではないかという反省からきている面もあります。

私の父も脳梗塞で倒れ 食べるときに むせるようになり、入院していた病院から、胃瘻をしなければ 受け入れてくれる施設はないと病院の脳外科の担当医から いわれたため、姉が 入院していた病院がすすめる父の胃瘻を受け入れたという経緯もあり、その後の父を見ていた私としては、胃瘻について かなり疑問をもつようになり(生活の質、QOLとかは、ふっとんでしまいます。)、その後 摂食嚥下について、胃瘻は最後の最後の手段だとおもいようになりました。

胃瘻をしなくても、口から食べれる人を増やしていくことが歯科医師人生の後半に 突入した 私の天命だとと思って 勉強しています。

実際に歯科医師、歯科衛生士 その他の医療職のひとたちが連携して、いろんなトレーニングなどにより 口からたべれるようになった方も たくさんいます。

歯科医師にとって、虫歯の治療の次に この摂食嚥下の分野が社会に貢献できる分野に近い将来なりそうです。

 

 

歯科、口腔粘膜炎とがん薬物療法 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年07月27日

がん薬物療法(抗がん剤)の時に 問題になるのは、薬(抗がん剤)の副作用による 口腔粘膜炎、口内炎です(基本的には歯科医が毎日おめにかかる口腔粘膜ですので、歯科医師の出番です。)

 

口腔粘膜炎は 食事の時に 激しい痛みがおきて、何もたべれないぐらいになったりして、生活の質を極端に低下させます。がんの化学療法を完遂することが、がん治療においては重要ですが、それを妨げる要因になります。したがって、口腔粘膜炎 口内炎をいかに対処するかが、がん治療成功に直結します。

 

一般的には、がんの化学療法を受ける人の40%に口腔粘膜炎が発生するといわれています。

部位によっても多少違いがあり、乳がんでは 12~69% 大腸がんでは 30~51% 胃がん(S-1単独とS-1+CDDP)では12~43%です。

 

 

口腔粘膜炎の対処法 (歯科的な対応である程度 問題を解決できます。)

①口の中を清潔にたもつ

②口の中の保湿

③痛みのコントロール

です。

 

①口の中を清潔にたもつ 日常的に 歯科医師 歯科衛生が言ってることですが、ヘッドの小さい 柔らかめの 歯ブラシで まっすぐな柄のものを使う 普通の毛先のものを使う。歯が重なっているところや ブラシが届きにくい所はワンタフトブラシを使う

 

②口の中の保湿 生理的食塩水でうがいをする 1日8回  1リットルのペットボトルに小さじ2杯10グラムの食塩を溶かしてつくる

 

③痛みのコントロール 食事の30分前に ポンタールシロップ10mlまたはロキソニン1錠を飲む その後 食事直前に

(ハチアズレ5包+グリセリン60ml+4%キシロカイン10ml)これらを500mlで溶解した液でうがいをする

 

 

 

 

歯科とがん放射線治療 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年07月26日

日本人の2人に1人は がんになると言われる中、歯科医院に来院される方にも、がんの治療中の方、過去にがん治療を受けた方がおられます。

 

がん治療の基本は 外科手術 薬物療法 放射線治療です。

 

その中で、頭頚部放射線治療を受けている方、受けた方については、歯科にかかわることがあり、注意が必要です。

 

頭頚部放射線治療に伴う有害事象には、2種類あります。

①急性障害(主に放射線治療を受けている時)と②晩期障害(放射線治療完了から数か月後からおきる)です。

 

①急性障害で特に問題になるのは、放射線性口腔粘膜炎です。

放射線治療開始から4±1週間目ぐらいから腫瘍の加速再増殖が起こります。腫瘍が2倍の大きさになるのに 加速前は60日 加速後は4日と言われています。なので、放射線治療を完了せずに 途中でやめてしまうと、がん治療上 とても不利になります。

頭頚部放射治療で口腔粘膜炎が強いと、痛みなどで、放射線治療継続が不可能になる場合があります。統計的には、頭頚部放射治療の11%が 治療を中断するといわれています。

歯科的には、口腔粘膜炎の症状を軽減し 治療中のQOLの維持と 放射治療の完遂のサポートをするという重要な役割があります。

 

②晩期障害については、特に放射線性骨髄炎 放射線性顎骨壊死が問題となります。

これに関しては、放射線治療が完了した後も 半永久的に心配しなければならないことです。

歯科治療で外科的な治療をする時に問題となります。特に抜歯をする時に問題となります。放射線治療後の抜歯は 上顎に関しては リスクが低いですが 下顎の場合 骨の照射量が55Gyを超える場合は 放射線性骨髄炎の可能性が高くなるので 抜歯を避けなければならなくなります。

 

 

味覚障害2 富山/高岡市の歯医者、歯科ならやまもと歯科医院

2017年07月23日

大学歯学部、歯科大学病院に外来で来院されることはないですが、特殊な味覚障害、味覚異常に放射線治療による味覚障害があります。

 

最近、亡くなられた大橋巨泉さんも、頭頚部がんの一つである 中咽頭がんの治療をされていて、放射線治療を受けておられました。

IMRT(強度変調放射線治療)を受けておられたそうです。IMRTは 複数のビームを組み合わせて、放射線の強さに強弱をつけて、当てたい腫瘍部分に、重点的に放射線を当てる方法です。

がん以外の からだの部分に極力 放射線を当てないようにしようという発想で、治療に伴う障害を小さくしようとするものです。

特に耳下腺、唾液腺を守る、唾液腺にあたると、永久的に唾液がでなくなることもあるからです。

 

巨泉さんは よくテレビのトーク番組で、がんの闘病について、語っておられました。その中で、喉が渇き、最も、困ったことが、味がわからなくなったことだと言っておられました。

伊達巻をたべると、紙を食べているよな感覚で、甘いはずのチョレートは苦く感じられたそうです。味覚異常がおきて、生きていく意味さえも見失いそうになったそうです。

 

放射線治療から、ある程度の時間が経った ある日 甘いものを口に入れたとき 甘さが感じられ、奥様を呼び、2人抱き合うぐらいの勢いで、喜び合ったそうです。その後味覚異常は、ほぼ回復したとのことでした。

 

一般的には放射線治療による味覚異常は 味蕾や臭覚の化学受容器のダメージによるもので、だいたいは、一過性のもので、回復するものです。

口の中の乾燥や歯科的にはプラークなどの汚れがあると、さらに悪化します。また亜鉛の体内の濃度とも関係すると言われています。

 

味覚障害 富山/高岡市の歯医者、歯科ならやまもと歯科医院

2017年07月22日

どこの 大学歯学部 歯科大学でも昔から、味覚 舌の研究をされている研究者が必ず数人はいたのではないかと思います。

でも、昔は あまり注目も集まらず、細々と研究がされてた状況でした。

 

最近では、以前より やや 注目があつまるようになり、また、研究もすすみ 味覚障害にたいする治療法も確立しつつあります。

 

味覚には、甘さ 塩辛さ しょっぱさ 苦さ がありさらに うま味 があります。それらが 舌の表面の味蕾で(正確には脳でですが)感じられます。味蕾はその他 軟口蓋や喉にも存在し、約10000個あると言われています。固形物が味蕾でその味を感じることはなく、必ず、唾液を介して味は伝達されます。

 

味覚の障害には、食事の時には①味覚減退 無味症②解離性味覚障害③悪味症④異味症 などがあります。

 

①味覚減退 無味症 味を感じるのが弱くなる 全く味がしなくなるということです。

②解離性味覚障害は 甘さだけわからなくなるじょうたいです。

③の悪味症はなにを食べても嫌なあじがすることです。

④の異味症は、元々の味と違う味がする、醤油が苦く感じる などです。

原因は

1、亜鉛欠乏性のもの

2、薬剤性のもの

3、口腔疾患から来るもの

4、心因的のもの仮面うつ病など

5、臭覚障害からくるもの、

6、味覚神経の伝達障害からくるもの

7,   全身性のもの

8、特発性のもの つまり 明らかな原因が特定できないもの などです。

 

歯科大学病院を来院されるかたで多いのは、3口腔疾患が原因のもの 4心因性のもの、8特発性のものです.この3つで約8割で 3つ同等の割合です。

3口腔疾患が原因なもののなかでは、そのうちの6割が口腔カンジタ症です。

 

治療法 原因の除去が基本です。2薬剤性のものには 抗アレルギー薬 解熱鎮痛剤が原因になることがあります。3口腔疾患が原因なものは、カンジタが原因のものは抗真菌剤 4の心因性のものには、ロフラゼプ酸エチル(ベンゾジアゼピン系抗不安薬)が効果的です。8特発性のものには、亜鉛製剤の内服 生活習慣の回復、ロフラゼプ酸エチル(ベンゾジアゼピン系の抗不安薬)が効果があります。

 

 

 

母乳を与える期間とむし歯 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年07月19日

オーストラリアのアデレート大学歯学部の歯科医師による研究によると、母乳を生後2年(24か月)以上 与えると 母乳を1年未満 与えた子と比べると、、深刻な多数歯の虫歯になる確率が2.4倍になるという報告がされました。

 

どういうメカニズムにそうなるかについては、今後の研究が必要ですが、あまり長い期間 母乳だと、歯にとってはいいことがないということでしょうか。

 

日本においては、子供の虫歯、多数の歯の虫歯 つまり口腔崩壊が 最近大きな話題となりましたが、オーストラリアの歯科医師は 全く違う観点から多数歯むし歯の傾向を とりあげてたことが、興味深かったです。

 

日本の歯科医師は親の経済的格差などに焦点をあて、オーストラリアの歯科医師は、親の育て方に焦点をあたえたことが 新鮮でした。

舌痛症 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年07月17日

歯科大学病院に来院される患者さんの中で、多い病気の中の一つが舌痛症です。

 

この病名のとおり、舌が痛い ヒリヒリする症状です。ただ、専門家である 歯科医師 耳鼻科医などが診ても 異常がない場合この舌痛症という病名となります。原因がはっきりとは、わかっていない病気です。

 

一昔前までは、有効な治療法がなく、私が歯科大学病院で臨床実習をしていた時は 亜鉛やビタミン剤を処方されて終わり、そして 改善なしの病気でしたが、最近では、研究が進み、改善が見込める病気となりました。

 

舌痛症ははっきりとした原因は分かりませんが、最近は 心因的なもの、さらには特殊な神経痛の一種といわれるようになってきています。抗うつ剤(SSRIパキシルなど SNRIトレドミンなど NaSSAリフレックスなど)を服用すると かなり改善することが証明されています。

 

また、舌痛症と考えられてきたものの中にカビによる感染症 口腔カンジタ症がまぎれていることも最近わかってきました。口腔カンジタ症には大きくわけて3種類あります。見た目で明らかなカンジタ症(偽膜性カンジタ症)もありますが、見た目であまりわからないカンジタ症(萎縮性カンジタ症)もあります。この場合抗真菌薬のうがいで完治します。

 

この萎縮性カンジタ症と舌痛症の2つで舌が痛いという病気の8割だといわれています。この2つの鑑別診断は この病気に精通している専門歯科医師、医師がおこなえば 比較的簡単にできます。

 

高岡市内にもこの舌痛症でお悩みの方もある程度の人数がおられるとおもますので、ぜひ、専門の歯科医師、医師の診察を受けること お勧めします。

 

 

九州歯科大学富山支部同窓会 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年07月16日

土曜日の診療後 富山市で開催された、九州歯科大学富山支部の同窓会に参加しました。

参加人数は8名で細々とした会で、歯科界を取り巻く、厳しい状況などについて、語り合う会となりました。

昨今話題になっているパワハラなどについてのはなしもでました。

我々が大学生だった30年前は ユニークな教官が多く、患者さんの治療中 ライトの当て方が、悪いと言われ、罰則として その患者さんの治療中の病気について、明日までにレポート用紙に100枚分書いてこい とか、術者がピンセットを取ろうとしたときに 同時にテーブルに手を出して、術者にストレスを当てえることをするなと怒鳴られて、レポート50枚明日までの罰則を受けたり、罵倒され歯科器具を投げつけられたり とかというのが日常茶飯事でした。また実習は基本的に1回でも休んだら 補講というものは、存在しないと言われていたので 即 留年となるといわれ、体調が悪い中、病院の臨床実習に参加して、立っておれないほど、苦しくなり、しゃがみ込み うずくまっていると、患者さんから、大丈夫ですか?と声をかけられ、でも大学病院内で 倒れる分には、出席になるからOKなので、1年棒に振るより ましなので 無理をしたり、

今なら、大問題になることが まかり通ってた時代でした。

当時が 懐かしいのと 同時に時代の変化がも激しく、今では 電通の問題も大きくとりあげられ 我々が経験してきた教育が あきらかに否定され 成熟した社会になってきたのでしょうか?

 

歯科医 手袋 患者ごと交換52% 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年07月11日

先日 読売新聞の 「歯削る機器 半数使いまわし」という記事がありましたが、それに付随して いろんな記事が雑誌やインターネットで取り上げられています。

その新たな記事の一つは「歯科医の手袋、患者ごと交換52% 歯削る機器だけでなかった使い回し」というものです。

私 以前から 歯科医師になる前から、こんなことがすごく気になる性格で、どうしても気になるので 少なくとも自分の歯科医院では、歯けずる機器や、手袋を必ず患者さんごとにかえることにしているのですが、

私が、以前 高岡に戻って来る前に九州、山口で眼科 外科にいっていた時の気になったことがありました。

眼科に行ってた時は、眼科医が 患者さんの瞼をひっくり返したりして 診査していて、その後 手を洗わずに次から次へと、同じことをしていたのですが、これって もし患者さんが感染性の目の病気や病気でなくても何か細菌などがあったら、眼科医の手を介して感染するのではないのか、と思ったりしてました。

外科では、くすりの交換時に古い手袋がありましたが、これ使い回しかなと考えたりしてました、

また 床屋のハサミカミソリも気になりますね。

私 ちょっと神経質すぎるでしょうか?

 

全国共通がん医科歯科連携講習会 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年07月09日

富山県歯科医師会館にて開催された、全国共通がん医科歯科連携講習会に参加しました。

超高齢社会に突入している日本では、年間の死亡者の3分の1は がんに関連するもので、がん医療はすべての医療職の人にとって 避けて通れない状況となっています。我々、歯科医師が がん治療に関わる機会も増大しています。

歯科口腔外科にかかわるものは、従来は舌がん、歯肉がんなどの口腔がんだけでしたが、最近では、

がん患者の口の中を清潔に保つことにより、がん手術時に起こる可能性がある呼吸器合併症、嚥下性肺炎などを、低下させ、術後の入院期間を 大きく短縮させることが出来たり、放射線治療、抗がん剤の化学療法時における、口内炎や口腔粘膜炎の対処、口腔乾燥症 味覚異常 顎骨壊死 顎骨骨髄炎などの治療において、歯科の果たす役割が増大しています。

がんと診断されてから、終末期まで、QOLの維持、改善 のため 口腔ケアの必要性が重要と言われる中、歯科医師と医師の連携不足のため、患者さんが 不利益を受けないように 患者さんファーストの医療をおこなっていこうと思います(幸いなことに高岡市内の病院、医院でも、システムが構築されつつあります。)。

 

抗菌石鹸 歯磨き粉 トリクロサン 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年07月08日

抗菌石鹼や歯磨き粉の成分で抗菌作用を目的とされて配合されているトリクロサン(抗菌成分)が環境ホルモン作用があるのではないかという疑いで、EUなどで使用が制限されているとのことで、最近アメリカでも 取り上げられ、世界の環境関連の研究者や医師が使用を制限する運動を活発におこなっています。

日本で現在 販売されている、トリクロサンを含む有名な商品(製品名を聞けばだれでも知っている)もいくつかあります。

環境ホルモンは20年ぐらい前に日本でも大きな話題になり、生殖機能に悪い影響を与えるとか、歯科分野では、ある種のレジンに環境ホルモンの成分が含まれているとかが話題になりましたが、最近では、そういう環境ホルモンに作用する成分は 使用されなくなって、歯科医院などでの使用の可能性は、皆無ですが、このトリクロサンはスーパーなどで売られている、商品にふくまれる成分ということです。

日本でもそろそろ トリクロサンが 話題になる時期が 近づいていそうです。

富山県警察協力歯科医研修会 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

2017年07月07日

今日の診療後、富山県警察協力歯科医研修会に参加してきました。

 

テーマは  東日本大地震での対応 についてでした。

多くの警察官の 命をかけた強い使命感で 福島での 大地震、そして原子力災害を乗り越えた話を聞くことが出来ました。

また、大地震で犠牲になった方々の 身元確認のため、歯科医師のはたす役割の 重みを再認識しました。

 

私たちは 高岡市に住んでいると、地震とは無関係だという 錯覚に落ちいりやすいですが、地震学者によると、日本全国 どこでも大地震がおきてもおかしく また、高岡市でも150年前に大地震が発生したということななので、地震による災害にも注意を払っていく必要性を感じました。

ドリル ハンドピースの滅菌 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科

2017年07月04日

昨日は 朝早くから 東京への移動のため、新聞を読むことが出来ず、

週明けの朝一番から、歯科材料屋の営業マンの方や、歯科業界関係者より 「昨日の読売新聞読みましたか?」の質問の連発を受けました。

急いで、きのうの新聞をゴミ箱の中から 取り出すと、歯科に関する話題をすぐに発見、「歯削る機器、、、、、」という見出しがありました。

内容は 歯を削るドリルの柄の部分 ハンドピースの管理についての記事で そのハンドピースを患者さんごとに替えて、高圧高温などの滅菌してるかどうかの問題でした。

5年前の調査では、行っているところが3割で 今回の調査では、行っているところが5割だということだそうです。

当歯科医院では5年前、10年前と言わず、それ以前のずっと前から、このハンドピースの滅菌を患者さんごとにおこなってきてるため、いろんな歯科業界関係者が、この話題を私に もってきた らしいです。

この話題 歯科業界に 与える影響大で、しばらく、この余波は続きそうです。

 

 

1 / 5012345...102030...最後 »