2013年07月09日

最近まで富山 東京間を昼の時間帯に運行していたボーイング777が話題になっています。
サンフランシスコで事故を起こしたようで、連日 その続報が知らされています。
アメリカ政府の担当の女性が よくテレビで発言するのを見かけます。
彼女の発言でよく stick shaker(スティックシェーカー)という単語が出てきます。
何のことだろうかと インターネットの辞書で調べてみると、失速防止装置だそうです。
失速しそうになると、操縦桿が振動して パイロットに知らせる仕組みだそうです。
ここ20年で飛行機もずいぶん ハイテク化したようです。
最近 英語の勉強をまっるきりしていないので、すっかり ニュース英語にも ついていけない状態になってしまいました。特に 最近の新技術の名前や ネット関係の単語がわからなくなってしまいました。
そろそろ また、英語の学習をしなければ と思います。

富山 東京間は現在では あのボーイング787がメインで
運行されていて、バッテリーの問題があり毎回乗るのが 怖く 無事着陸するたびに、生きて 帰ることができた、喜びを感じています。
もともと、高所恐怖症の上に、こういう問題があると すごく ビビってしまいます。