ブログ BLOG

年齢とインプラント

東京にインプラントの講演会に出席してきました。
年齢とインプラント治療に関する講演でした。
同じ歯の欠損のかたちでも、インプラント治療は40歳代の人と60歳代のひとでは治療方法が異なってきます。
30歳代 40歳代で歯を全部、またはほとんどを抜いてインプラントをするといのは、将来的に問題を生じる可能性があり、できるだけ、悪い歯でもある程度は無理をしてでものこさなければなりません。
最近の一気に全部歯をぬいて少ない本数でインプラントをすることへの警鐘となるインプラントセミナーでした。(講師の歯科医は40歳で全部の歯を抜いて少ない本数でインプラント治療をして、残りの40~50年間大きなトラブルがなく過ごすことができるか懐疑的な考えをお持ちでした。私もそう思います。)