2006年02月27日


コミュニケーションは、とても難しい。
それは、人によって感じ方が違うからでしょうか。

今日の北日本新聞の記事に、医師とガン患者とのかかわりを書いた記事が載っていました。
なかなか興味深い内容でした。
私たち、医療人はもちろん患者利益につながることを伝えますが、
丁寧に時間をかけても伝わらない時があるのでしょう。

患者さんがどれだけ、私たちに心を開いてくれるか。
それにかかっています。

私もできるかぎり、コミュニケーションをはかるように心がけます。

いろんな条件が、かさなると、実際とても難しい場合もあります。
しかし、少しでも私たち医療人と仲良く近づけるように
私は、心の中でいつでも大きく両手を広げてお待ちしています。