高岡市 歯医者 歯科 やまもと

2012年03月の記事リスト

インプラントCAD/CAMセミナー

2012年03月25日

インプラントのCAD/CAMセミナーに参加してきました。
インプラントの上部構造の人工歯だけのものではなく、虫歯になったり、ブリッジをしたりする場合にも使われる技術で、世界的にはかなり普及しています。
今日の講師の先生の予想では、10年後には日本でも、当たり前の選択肢となると思われているようです。
やまもと歯科医院でもまもなく、セレックというカメラで型をとり、その日のうちに、セラミックの人工歯がはいるCAD、CAMシステムが稼動予定です。
最近の歯科界の進歩のスピードは、すごく早いです。

スマートデンチャー講演会

2012年03月15日

診療後、最近やまもと歯科医院で評判がいい、スマートデンチャー、金具がない、見えない入れ歯に関しての講演に参加しました。
マテリアル的にまた、改善され、ますます便利になって、患者さんに自信をもって紹介できる義歯です。
将来、いっそう義歯人口が増えるといわれている中、いろいろな選択肢ができ、患者さんのニーズにあった治療、義歯を提供していきたいです。

辞書になかなか載っていない英語

2012年03月14日

CNN関連の番組で昔、キャスターをされていた山口美江さんが最近亡くなられました。
山口美江さんで、一番印象にのこっているのは、20年以上前のたしか「世界まるごと、、、」の番組のなかで、銃撃シーンのフィルムで「伏せろ」を英語で何て言うのかと、ある人が山口さんに尋ねると「on all fours」でしょかと答えていました。私も山口さんと同様に「on all fours」しか思いつかなかったですが、緊迫した状況でこんな長い言葉も言えるはずもなく何か違う表現があるだろうなと思っていたら、横からもう一人の出演者のケント・ギルバードが、一言「get down」でしょ、で正解がでました。こんな、簡単な表現がわからず、やはり、日本の国内だけでの英語の勉強(日本国内のアメリカンスクール、インターナショナルスクールも含めて)の限界をつくづく、おもい知りました。
私の20年前の英語の先生が、目に異物が入った時、日本人なら異物を「foreign bodyフォーリン、ボディ」といいそうですが、ネイティブスピーカーは「ゴック gok」が目に入ったと言っていました。
日本国内だけでの英語の勉強ではカバーできないカジュアルな表現がたくさんあるらしいです。
山口さんのご冥福をお祈りします。