小児歯科むし歯はミュータンス菌の感染によっておきます。 ミュータンス菌は砂糖を栄養としており、酸を出して歯をとかします。 

ミュータンス菌は生後6ヶ月~3歳の間に最も感染しやすく、一度感染してしまえば一生その種類のミュータンス菌をもち続けます。 

感染の機会を少なくするには、子供の身近な人(母親等)のミュータンス菌を減らすことにあります。また同じ箸で食べたり、口うつしで食べないことも大切です。

家庭でできる虫歯予防とは?

家庭でできる虫歯予防1.小学校3~4年まで親が寝る前に仕上磨きをしてあげて下さい。磨いた後は就寝まで食べ物・ジュース・アイスクリームなどを与えないで下さい。水またはお茶であれば大丈夫です。

2.フッ素入り歯磨き剤・フッ素のうがい薬などで毎日フッ素を使うようにして下さい。

3.キシリトール100%入りのガム・タブレットを利用して下さい。

4.甘いものを与える時は、甘いものの量ではなく与える回数です。回数を決めてできるだけその回数を減らすようにして下さい。

歯科医院での虫歯の予防とは?

  • 歯科医院での虫歯の予防ミュータンス菌を含むバイオフィルムを歯からはがす。
  • フッ素を塗る。
  • シーラントをする。
  • レーザーをあてる。