初期むし歯はシーラント(歯の溝をプラスチックで埋めること)でなおります

シーラントシーラントとは…… 

はえ始めの永久歯は、とてもむし歯になりやすく、そのむし歯の好発部位は歯の噛みあう面の溝の部です。 初期むし歯には、その溝にたくさんのむし歯菌・その他の細菌が生息しています。 

歯の噛み合わせる面を掃除して、その溝に薄いプラスチックを流し込むと細菌は、密閉され、2週間後には菌数が微量になり2ヵ月後無菌状態になります。 無菌状態になれば、むし歯になった部位はまた硬くなり再石灰化して回復・治癒します。 

※歯を削る必要はありません。初期むし歯を削るとかえって歯の寿命は短くなります。