歯の大きさを小さくするか、顎を大きくするか、歯を抜いてスペースをつくるか

歯を抜かない矯正歯並びが悪くなるのは、顎の大きさが小さくその上に歯がならぶスペースが不足すると、歯がかさなり合って、その狭いスペースに何とかおさまろうとするからです。 これを解決する1つの方法は、歯の大きさを小さくするか、顎を大きくするか、歯を抜いてスペースをつくるかです。

0.25mm~0.5mm歯の両端を削る

歯を抜かない矯正ここでは歯の大きさを小さくする方法、つまり0.25mm~0.5mm歯の両端を削ることによってスペースを作ろうという方法です。

6mm~8mmぐらいのスペースができ、歯がきれいに顎の上に並びおさまる

歯の矯正
この方法で数本の歯をけずると6mm~8mmぐらいのスペースができ、歯がきれいに顎の上に並びおさまるようになります

この方法でけずった歯はむし歯になりやすいか?

歯の矯正この方法でけずった歯はむし歯になりやすいか? 答えは、むし歯になりやすくならない。「NO」です。 むしろエナメル質内の微量の切削なら防御機構でむし歯になりにくくなるという研究結果が出ています。