子供の矯正と大人の矯正の違い子どもの矯正治療と大人の矯正歯科治療は根本的にちがいます。 おとなの矯正歯科治療の場合、一般的にはデコボコになっている歯並びをまっすぐにするため、永久歯を抜いて、そのできたスペースにデコボコになって重なり合っている歯をまっすぐにします。 子どもの矯正歯科治療の場合、顎の成長が見込めるため、早期に治療を開始すれば、抜かなくても出来る場合がおおくあります。

子供の矯正と大人の矯正の違い年齢的には永久歯がはえる6歳~8歳ぐらい、場合によっては3歳ぐらいに治療を開始すると良い結果が得られます。 その年齢での矯正治療を開始する場合、矯正装置は一般的には、ブラケットと呼ばれる金属の粒状のものを歯の表面に接着させて、それをワイヤーでつなぐ方法ではなくて、取り外し式の、主に入れ歯と同じ材質である樹脂でできた装置をいれていただくことになります。多くの場合は、夜間だけの装着になります。

それで顎を広げたり、噛みあわせを改善したのち、さらに治療が必要であれば、ブラケットをつかった一般的な矯正治療となります。 早期に治療をかいしすれば歯を抜かずに歯並びをまっすぐに、きれいにできる可能性が高くなります。