月別: 2019年1月

2019年01月31日 Weblog

歯医者の年齢構成

男性、55歳歯医者 趣味 仕事と英会話学習 ボリュームゾーンの歯医者 こんにちは、富山県高岡市の歯医者、やまもと歯科医院の院長の山本です。 私、昨日55歳になりました。 日本歯科医師会の会員の数でも、歯医者全体の数でも、…

2019年01月29日 Weblog

紅茶ポリフェノールの効果

歯医者もびっくり:歯周病だけでなくインフルエンザにも効く紅茶ポリフェノール 今日の昼の北陸朝日放送の昼のワイドクスランブルの話題に、紅茶は、インフルエンザ予防にすごく効果があるという話題がでていました。 どこかのお医者様…

2019年01月28日 Weblog

窒息(歯科そして食育の中から)

歯医者がかかわる摂食嚥下の観点から:窒息 昨日の読売新聞の人生相談の記事の上に「節分豆 乳幼児の窒息注意」という記事がありました。 このことについては、日本歯科医師会でも、歯科的な観点からの注意を促すポスターが以前でてい…

2019年01月27日 Weblog

歯が原因でない歯痛 非歯原性歯痛(ひしげんせいしつう)

歯医者を悩ます非歯原性歯痛(歯が原因でない歯痛) 歯科医院に歯科治療に行く方は、歯が痛いと感じる場合は、虫歯か、歯周病だと思って、その治療を歯医者に期待します。 しかし、歯医者は、まず本当に、歯が原因なのか、疑いの目で見…

2019年01月26日 Weblog

テレビのインフルエンザ予防

歯医者のインフルエンザ予防 最近インフルエンザが、はやっています。 やまもと歯科医院の隣の能町小学校が、テレビで、学級閉鎖と最近報道されていました。 なかには、急に暇になった小学生が、やまもと歯科医院に歯科治療にきたりし…

2019年01月25日 Weblog

地域包括ケアシステム

歯医者が開発した口腔アセスメントツール(口の中を評価する道具)が歯医者を含めた地域包括ケアシステムで役にたちはじめています。 日本人の死因の3位が肺炎(誤嚥性肺炎を含む)となる中、80歳以上の高齢者においては、肺炎のうち…

2019年01月24日 Weblog

高校に頭蓋骨

歯医者は見慣れているけど 最近、全国の高校で、本物の人体、頭蓋骨があることが判明して、お大騒ぎとなっています。(歯科大学や医学部の解剖学教室には、たくさん置いてありますが。) この件で、専門家の見解は、多くが閉鎖した医学…

2019年01月21日 Weblog

歯石除去

歯医者、歯科衛生士はどうして歯石を取りたがるか? 歯石という単語は、そろそろほとんどの日本人が知る言葉となったでしょうか? 私が歯科学生のころ、35年ぐらい前に、歯科に対する話題がテレビで時々されていました。 その当時マ…

2019年01月20日 Weblog

歯周病の毒素

歯医者の基礎研究 今日のチューリップテレビの朝7:00は、「健康カプセルげんきの時間」で歯科とは、あまり関係のない話題の「動脈硬化」で、その悪化要因の腸内の「LPS,リポポリサッカライド」が話題になっていました。 このL…

2019年01月19日 Weblog

誤嚥性肺炎の予防

歯医者が何で、誤嚥性肺炎? 誤嚥性肺炎は、 75歳以降、急激に増える病気です。 そして要介護高齢者の死因で第一位が肺炎です。 誤嚥性肺炎の治療は、もちろん歯医者が行うことは、200%ありません。 しかし、誤嚥性肺炎が、な…

2019年01月18日 Weblog

指しゃぶり

歯医者の立場から指しゃぶりとは 子育てをしているお母さん方から、よく受ける質問のひとつに、「子どもの指しゃぶりが心配、歯や歯ならびが悪くなるんじゃないの、どうしたら指しゃぶりをやめさせられるがけ?」というのがあります。 …

2019年01月17日 Weblog

お茶でむせて交通事故

歯医者の視点で、お茶でむせる摂食嚥下機能低下 昨日の大きなテレビニュースに、東京の明治通りで高齢者の摂食嚥下機能の低下による交通事故が発生しました。これは、摂食嚥下障害をあつかう歯医者としては、見過ごせないニュースでした…