月別: 2018年5月

2018年05月31日 Weblog

永久歯が生えない 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

お母さん、お父さんにとって、子どもの永久歯がなかなか生えないのは心配なことです。特に、同級生や、親戚の同じくらいの子どもとくらべて、遅いと心配になってきます。 歯科医院でも、子どもの永久歯が生えないのを心配されて受診され…

2018年05月27日 Weblog

就寝時の入れ歯 はずすべきか? 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

入れ歯は、夜、寝る時は外すべきか? 入れ歯は、夜に寝る時、外すように最近まで、ほぼ100%の歯科医師が、入れ歯を装着する患者さんに指導してきたとおもいます。 そのことについて特にここ10年、色々な研究がなされてきました。…

2018年05月24日 Weblog

昔の常識、今の非常識 医療編 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

私が、歯科大学時代に習ったことで、今では、それが否定されていたり、真逆な事がいいということがいくつかあります。 ①傷口は乾燥させた方が、治りがよく(かさぶたができるぐらい)、早く治るというのが以前の常識でしたが、現在では…

2018年05月20日 Weblog

脂肪腫 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

先日、私の同級生(大学時代の同級生ではありません)が、脂肪腫ができて入院したとうはなしを聞きました。54歳になるとそろそろいろんな病気に気をつけなければならないなぁとつくづく思います。 この脂肪腫という単語を聞くと、歯科…

2018年05月19日 Weblog

最近多い外来語  富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

歯科用語で歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科アシスタント、受付のすべての職種の人が知ってる外来語は、クラウン(金属で作った歯にかぶせる人工歯)、ファイル(歯の根っこのなかをキレイにするもの)、デンチャー(入れ歯)など…

2018年05月17日 Weblog

歯医者と抗生物質? 抗菌物質?その変遷 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

抗生物質という言葉は、医療関係者でなくても、よく聞く単語ではないかと思います。 歯科疾患の多くは、感染症ですので、私が、歯科大学生のころ、大学内でも、抗生物質の研究をしている研究者がいました。、最終学年の6年生のころ(歯…

2018年05月15日 Weblog

シェーグレン症候群 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

最近、時々、新聞に載る病気(今日の北日本新聞にも載ってました)にシェーグレン症候群があります。 歯科医院には、シェーグレン症候群の患者さんが時々来院されます。 歯科的には、シェーグレン症候群の患者さんは、虫歯がおおく、歯…

2018年05月14日 Weblog

サルコペニアによる摂食嚥下障害  富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

歯科大学、歯学部で本格的に摂食嚥下障害に取り組みはじめたのが、私が歯科大学を卒業した少し後ですので、もう20年ぐらい経つでしょうか。 その20年間で最近まで、摂食嚥下障害の原因といわていたのが、①脳血管障害(脳卒中)と②…

2018年05月13日 Weblog

歯の土台 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

ファイバーの土台 歯の治療の過程で、土台を作るということの説明を受けたかたも多くおられることだとと思います。 その中で、2~3年前から保険に導入されたものにファイバーで作った土台、つまり、我々歯科医師が言うファイバーコア…

2018年05月08日 Weblog

口腔内写真 ときどきスタッフブログ

やまもと歯科医院、歯科衛生士の余川です。   今回は、口腔内写真についてお話します。 やまもと歯科医院では、初診時や治療の前後、治療の過程などでレントゲンのほかにカメラを使って口腔内写真を撮影しています。初診の…

2018年05月05日 Weblog

誤嚥性肺炎と摂食嚥下障害 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

誤嚥性肺炎は歯科医師にとっても、大きな関心がある病気です。その理由は、高齢者肺炎の8割は、誤嚥性肺炎で、この誤嚥性肺炎の大多数は、口の中の細菌が原因だと言うのがわかっているからです。また、歯科などにおける、口腔ケアでこの…

2018年05月04日 Weblog

歯痛 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科医院

歯の痛み 色々 歯が痛いといって歯科医院に来院される患者さんのほとんどは、むし歯による歯の痛みです。多くの場合は穴があいていています。 口の中は、ご自身の目で見えますので、鏡で見て痛い歯を特定して、患者さんご自身が、診断…