2010年08月29日

高岡市歯科医師会講演会が万葉歴史館でおこなわれました。
内容は歯のかみ合わせる面の溝の虫歯の診断、治療についてでした。
歯の表面にすこし茶色または黒くなっている線が虫歯かどうか、C1かC2かは歯科医によって、その診断はは違ってきます。ある歯科医院ではC2と診断されても違う歯科医院ではC1と診断されることはしばしばあります。
実際に歯を削ってみなければ、わからないことも多く、その診断には難しいものがあります。今日の講演会ではその診断のてだすけになるひとつの方法として、診断の器具が紹介されました。100パーセント完全なものではないですがとても参考になる方法でした。
最近、歯科用に実用化に向けて開発中のOCT(光干渉断層撮影診断機器)を使用すれば、いままでの困難性を一気にふきとばして、診断が簡単にできそうですが、もう間近といわれている歯科用OCTの実用化が待ち遠しいです。
講師の先生とは、私と見解が違うところも多々ありましたが、すばらしい講演会でした。