2010年07月25日

金沢でノーベルバイオケア社のインプラントの講演会に参加しました。
講師の先生は福岡県で開業されている方でした。
福岡弁まるだしの講演会で、しゃべり方が私のfather-in-law
に非常よく似ており親近感をかじました。
大学時代の中枢神経を担当しておられた長崎大学の解剖学の元教授はよく「しゃんしゃ神経」について説明しておられましたが福岡出身の友人が隣で解説してくれて、博多んもんは「さ」の発音ができず「しゃ」になるそうです。それで「三叉神経」についてはなしおされているのだとひらめきました。
結論、博多弁には、慣れるのに3カ月かかります。