ブログ BLOG

感染歯と抜歯即時埋入インプラント

最近よく、歯医者の友達に、感染している歯を抜いて、その場所に、そのまま本当にインプラントを埋入できるのかよく聞かれます。
確かに、数年前まで、感染した歯を抜いてそのまま、インプラントを埋入するというのは、考えられないことでした。私も最初に聞いたときは信じられなかったです。しかし、世の中は広く、できるはずだと確信し、いろいろ工夫して成功した歯科医がいます。コロンブスの卵を発見するような歯科医です。
ポイントはいかにして感染した歯、歯周組織をきれいにするかです。そのための特別な器具を使いマニュアル通りにインプラントを埋入すれば、ほとんど100パーセントに近いぐらい成功します。
しかし、歯科医の中には、そんなことできるはずはないと言い張るかたもおおくおられます。必ず感染してインプラントが骨にくっつかないはずといわれます。
客観的な成功率(ほぼ100パーセント)もでているのに、最初から、食わず嫌い的な発想をもっておられ、批判されるのは残念なことですが、患者さんの立場から観ると、1回のオペででき、治療期間も短縮できるのでこんないい方法はないようにおもえます。当歯科医院でもおおくの患者さんによろこんでいただいております。