ブログ BLOG

インプラント講演会 大阪

今日の講師はパリで開業しているフランス人歯科医でした。講演は、フランス語でおこなわれるのかなと思っていたのですが、実際には英語でおこなわれ、通訳の方、2人が通訳にあたっておられました。
フランス人ではありますが、英語はイギリス英語ではなく、アメリカ英語でした。フランスも変わったのかなという感じです。
内容は、今話題のインプラントを入れた日に仮歯をいれるものが半分でした。あとの半分は上顎の奥歯のインプラント埋入でした。
質問者が、講師の先生が質問に答えてないとエキサイトしたりと、波乱の講演会でした。(通訳者が、正しく通訳していなかったためにに、質問内容が正しくつたわってなかったためにおこったことですが。)