2020年10月06日

歯周病菌で認知症?

今日のヤフーニュースに面白い項目がありました。

それは、歯周病を起こす菌、歯医者ならば(私の世代以下の歯医者ならば確実に)必ず知っているジンジバリス菌(Pg)が、アルツハイマー型の認知症をひきここすという話題がでていました。

そしてチューリップテレビにも、この話題が出ていました。

九州大学歯学部の准教授らの研究が紹介されていました。

それによると

口腔内で歯周病を起こす細菌、ジンジバリス菌をマウス(ネズミ)に全身投与すると、マウスの肝臓でアミロイドβ(アルツハイマー型認知症の方の脳に溜まる物質、ゴミ)が作られて、それが脳に運ばれて脳に蓄積されるということが発見されました。

糖尿病とアルツハイマー型認知症の関係は多くの医療関係者が知っています。

そして、歯周病と糖尿病の相関についても多くの医療関係者が知っています。

 

でも歯周病とアルツハイマー型認知症の関係については、一部の歯科関係の研究者しか興味を持っていませんし一般に知られていません。

ということで、歯周病とアルツハイマー型認知症の関係が、動物実験によって初めて証明されたそうです。

マウスにおいては、確実にジンジバリス菌が認知症になる事が証明されましたが、ではヒトでは?

これはかなりあり得る話だとおもいます。

ということでで、アルツハイマー型認知症予防には、口腔内をきれいにする事がたいせつなのではないかということです。