2019年11月10日

今日のチューリップテレビの朝7:00の「ゲンキの時間」のテーマは、口呼吸でした。

口呼吸は万病の元ということで、日頃やまもと歯科医院でも、患者さんには、特に小児の患者さんにはしつこく言っています。

今日のこの口呼吸の弊害についての専門家として、順天堂大学の呼吸器内科の先生と、鶴見大学歯学部の臨床教授の歯科医師が出演されていました。

この鶴見大学の歯科医師は、3DS(dental drug delivery system)という虫歯予防の研究をされていた歯科医師で最近は家業の歯科医院を継いだと聞いています。

この3DS(スリーディーエス)という歯の表面の汚れをゴムのチップでこすり落とし磨いた後、マウスピースみたいなもののなかに、クロルヘキシジンの液を入れて直接歯に接触させ、虫歯の原因菌であるミュータンス菌を無くそうとするシステムです。

虫歯予防には、とてもいい方法です。

しかし、元法では、欧米で使われているクロルヘキシジンを使う方法で、日本では認可されてない商品をつかう方法ですので、やまもと歯科医院では、原法の効果がある方法では、使用していません。

このクロルヘキシジンは、日本では20年ぐらい前に産婦人科で、問題がおきたと聞いています(それ以前にもおきていて、注意喚起や制限などがおこなわれていましたが)。ですのでそれ以来、特に使用が慎重になっている物質です。

という事で、この歯科医師は、「あいうべ体操 」という口呼吸から鼻呼吸にする体操が紹介されていました。

ここで、歯科の業界人なら「あれっ」と思います。

あいうべ体操、口呼吸と言えば、福岡の内科の今井医師では、と思いますが。

何か大人の事情でもあったのでしょうか?

と思ってしまいました。

今回は、睡眠時無呼吸症候群や喘息について関係づけた内容でした(歯周病と虫歯の話しもちょこっとありましたが)

睡眠時無呼吸症候群にかんしては、かなり体格がよくて、しかも下顎が見るからに小さそうな一般人が出演されておられました。

私も家族によると、睡眠時無呼吸症候群ではないかといわれています。

このテレビを見て、ダイエットとあいうべ体操を真剣にしないといけないなと、このテレビが終わった10分間は思いました。