2019年01月05日

歯医者の観点から 離乳食と口のケア

こんにちは、富山県高岡市の歯医者、やまもと歯科医院の院長の山本です。

歯医者として、お母さん方によく質問されることのひとつに、「いつから歯磨きをすればいいがけ?」というのがあります。

ということで、今回は、歯科的に、赤ちゃんの口腔のケアについてです。

まず、今回、示した月齢は、だいたいの目安ですので、臨機応変に対応していただければと思います。

 

⓪哺乳反射、生まれた時から自分でお乳を飲もうとする機能

 

①口唇(こうしん)食べ期(5~6ヶ月) 哺乳反射がだんだん消えて、寝返りがうてるようになってくる時期です。

この時期は、普通はまだ、乳歯が1本も生えていません。だからと言って歯科的な問題がないということにはなりません。

また、この時期は、唇(くちびる)を閉じて、食べ物を取り込み、またその食べ物を舌などで喉に送り込もうとする時期です。舌(ぜつ、べろ、したべろ)の動きとしては、前後にだけ動く時期です。

食べ物としては、トロトロのヨーグルトぐらいの固さのものが適しています。

口腔のケア   まずは、口の外からの異物になれさせることが効果があります。きれいに洗ったお母さんの指を、ツンツンとくちの中をつついたりしてみるのもいいです。

口の中の清掃としては、濡れたカーゼでやさしく拭くということになります。

 

②舌食べ期(7~8ヶ月) ハイハイが出来るようなってくる時期です。

歯科的には、前歯が生えてくる時期です。

舌の動きとしは、前後の動きだけでなく、上下の動きも出来るようになってくる時期です。

上下の運動が未熟ながらできるということは、口腔の天井、つまり口蓋(こうがい)にも届くようになってきます。ということは、食べ物を舌と口蓋に挟めたものを、舌を更に上に上げることによって、押しつぶすことが可能になるということです。まずは、舌の前の方、そして口蓋の前のほうで、押しつぶせるようになってきます。

食べ物としては。つぶすとなめらかなもの、指でかるく押して、おしつぶせるものが適しています。

口腔のケア   歯が生えてくれば、歯ブラシになれるように使いはじめる必要があります。

赤ちゃんの口腔粘膜は、かなり敏感ですので、1本1本そっーと、やさしく歯をみがかなくてはなりません。

また上唇の裏側の中心に歯茎にむけて、スジがあります。これは、歯医者用語では、上唇小帯(じょうしんしょうたい)と呼びます。この上唇小帯を引っかけないように歯ブラシをうごかさなければなりません。この上唇小帯に歯ブラシを引っかけると急に泣きだします。その結果、歯磨きを強く嫌がるようになります。ですので、そうならないように、お母さんの指でガードしながら歯磨きをするのが、効果的です。

 

こどものの摂食嚥下について、

こどもが、たべるのが遅い、お母さん、お父さんが忙しいなどで、口の中に入れた食べ物を、飲み物で流し込むということをする場合も、時々みうけられますが、これは、できるだけやめた方がいいです。舌の摂食嚥下時の機能が未発達になり、正常でない飲み込みのパターン(歯医者用語では、舌の悪習癖と呼びます)が身についてしまう可能性があります。またこれは、矯正歯科的に歯並びにも大きく影響を与えます。