2018年11月08日

セレックは審美治療か?それとも、、、

虫歯の再発

こんにちは、富山県高岡市の歯医者、やまもと歯科医院の院長の山本です。

以前、虫歯になった歯が、また虫歯になるということは、よくあることです。多くのかたも、そういう経験があるとおもいます。

では、一度虫歯になった歯がどうしてまた、虫歯にってしまうのかというと、その歯は、虫歯になりやすい環境にあるというのが、ひとつの大きな理由です。(その他、唾液の酸性を中和する能力や、むし歯菌の毒性の強さもありますが)

具体的には、汚れがたまりやすい部位、歯ブラシが届きにくい部位、歯磨きの時、右手でみがくか、左手でみがくか、歯並びは真っ直ぐになっていて、歯ブラシがとどきやすいか、重なっていて、どときにくいかということも影響します。この、状況は、虫歯の治療をした後も普通は、変化せず、継続しますので同じところから虫歯になりやすいという事になります。

もう一つの問題は歯科材料的な問題もあります。

口の中には、噛み合わせのチカラがかかりやすい部位、かかりにくい部位が存在しますすが、

一度歯科治療をした歯のなかで、、噛み合わせのチカラがかかりやすい部位では、噛み合わせのチカラが強くて金属の部分的なつめもの、被せ物を歯と合着しているセメントが潰されて、崩壊する、溶けるということがおきます。

ということで、今回は、歯科材料という観点から、虫歯の再発について考えます。

ここで問題になるのが、歯科材料、人工歯、歯などの接着力です。

歯医者での、接着で考えなければならないのは、

①セメントと歯科金属との接着

②セメントとセラミックとの接着

③セメントと歯との接着

まずは、①のセメントと歯科金属との接着については、基本的にどの歯科セメントをつかっても、接着力はつよくありません。

顕微鏡でみると、金属の表面のザラザラ、凹凸に歯科用セメントが、からみ合って接着力を発揮しています。セメントの強度が弱ければ、セメントが崩壊してはずれるということとなります。

では、②のセメントとセラミックの接着に関しては、色々な表面処理をすれば、セメントとセラミックは化学的に接着します。

ただ、凹凸にひっかかるているだけでは無いので、かなり強固に接着します。また、このセラミックと化学的に接着するセメントはレジンセメントといわれるものです。

このレジンセメントは、また、強度的には、とても強いセメントで、化学的に接着するプラス、セメント自体の強度も強いということで、かなり理想的な材料です。

③のセメントと歯の接着については、セメントの種類によっては、かなり強い接着力があります。この強い接着力があるセメントは、現在のところレジンセメント(歯のなかにセメントが浸透できるため)だけです。

結論として、レジンセメントは、セラミックとも、歯とも強固に接着させることができ、現在のところ虫歯の再発を防ぐという点では、一番、有利な材料と言えます。

これを、満たす歯科治療が、セレックによるセラミック歯科治療です。