ブログ BLOG

頭痛と歯痛 富山/高岡市の歯科、歯医者ならやまもと歯科

歯痛で歯科医院を受診される方の中には、歯が痛いのと同時に 頭痛もすると言う方もおられます。その頭痛の程度にはかなり差とバリエーションがあります。 一番多いのは虫歯 歯髄炎により 歯と同時に 頭痛がする場合です。三叉神経の走行の関係で起きると言われています。 これに関しては、虫歯は歯科医がみれば、一目瞭然ですので、歯科治療で簡単に解決できます。 我々歯科医師として、診断に時間がかかるのは、虫歯ではないのに 強い歯痛と 時には弱い(または ほとんどない)頭痛がある場合です。 一時性頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがありますが、この中の群発頭痛の患者さんが 時々歯の痛みで歯科医院に来院される方がおられます。来院時には、痛みがないことが多く患者さんの話だけでは、中々 診断が難しいです。ただ、その場で 患者さんが言う歯痛がおきれば、簡単に群発頭痛の診断ができます。 副鼻腔炎(上顎洞炎)も虫歯でないのに 歯が痛いと言う 訴えで歯科に来院される方がおられます。同時に頭痛もあるこも多く、レントゲン撮影(パノラマレントゲン、CT、ウォーターズ法など)で 多くの場合診断が可能です。 その他 色々な可能性がありますが、歯科医師としては、歯が原因でないかもしれないと 納得していただけるまで、診断のための検査にさえも入れないのが大変なことです。