2016年09月04日

今日、高岡市のウイングウイングにて高岡市歯科医師会主催の講演会が開催されました。

テーマは顎関節症についてでした。

その講演の中で一番 興味深かったのは 顎の関節が外れたときの治療法でした。

いかに はずれた顎をもとにもどすかです。

ほとんど100%の歯科医院では顎が外れたときは ヒポクラテス法 という方法ではずれた顎をもとの位置にもどします。

今回 説明いただいた方法はその方法とはちがい、独自の方法で ヒポクラテス法とくらべて、痛みがほとんどないということで、しかも 簡単な方法でした。ぜひ 、この方法を やまもと歯科医院でも採用しようと思います。

最近亡くなられた永六輔さんの追悼番組で永六輔さんの逸話として、黒柳徹子さんが  永六輔さんが 顎がはずれて、タクシーで整形外科にいこうとして運転手に行く先を告げようとしたけれど、顎がはずれていて理解できる言葉がしゃべれなくて 危ない人と勘違いされてそのまま タクシーをおろされたという話をいろんな番組でされてました。整形外科では どんな方法で顎を戻すのかと思いながら みていました。やはり ヒポクラテス法なんでしょうか?

いずれにしても(歯科でも整形外科でも) 顎関節の解剖学的構造を熟知していないと なかなか 簡単 短時間では元にもどせないことは事実です。