MRIと歯科用金属の関係 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  その他治療 >  MRIと歯科用金属の関係

MRIと歯科用金属の関係

mri

MRIは強力な磁石を利用した検査方法で強い磁場と電磁波が発生する検査方法です。
そのため安全性には特に注意を払う必要があります。
MRIの検査室に持ち込んではいけないものが多数あります。
鍵 携帯電話 スマートフォン 時計 ヘアピン カラーコンタクトレンズ キャッシュカード など磁気や金属を含むものは持ち込んではいけません。 また取り外しのできない体内金属デバイスについては各々検討が必要です。
心臓ペースメーカー 埋込型除細動器 等の体の中に埋め込む方式の装置については磁場の影響で壊れたり誤作動をしたりする可能性があるため原則としては これらの装置を体の中にいれられておられる方々は MRI検査は 受けることができません。
また脳動脈瘤クリップを入れておられる患者さんについても磁場によってクリップが動いたりする可能性がありますのでMRI検査を受けていただく事はできません。
また血管内コイル ステント 人工関節 プレート等の体内金属を入れておられる患者さんについては 個々に安全性を検討する必要があります。
また刺青を入れておられる患者さんについては刺青の表面には金属の粉末が使用されておりますのでMRIの検査の時に発生する電磁場によって発熱することも考えられますので患者さんの了解を必要としします。

歯科用金属とMRIの関係について

2つの問題点が考えられます
1つは歯科用金属によって起こるMRI画像の歪みですアーチファクトと言われているものです。
MRI検査では非磁性の白金加金 金銀パラジウム合金 チタンの歯科用金属によるアーチファクトはCTと比較してはるかに小さい。特にチタン金属の場合はほとんど歪みは認められません。
磁性ステンレス ニッケル コバルトクロム等の磁性体ががある場合は比較的にアーチファクトが発生しやすい。スピンエコー法ではおよそ半径4センチ程度の範囲でアーチファクトが広がることがあります。その場合MRI検査の方法に工夫が必要となります。
第二の問題としては理論的に考えられる問題ではありますが8月と言う問題があります。これに関しては過去にいろんな研究がなされMRI検査中に熱による火傷を生じると言う事はあり得ないという結果に至っています。
またこれは多くの医師により勘違いされていることではありますが、磁石を使った入れ歯においては取り外す部分の入れ歯 つまり取り外しできる入れ歯を外すればそのままMRI検査を受けることは可能です。
また歯科用インプラントに関しては 何の問題もなくMRI検査を受けていただくことをができます。
このことに関しては専門の医師 歯科医師による啓蒙活動が行われているにもかかわらず 間違った認識を持っている臨床放射線技師 医師によりインプラント治療を受けた患者さんはMRI検査を受けれないものだと思っておられる場合があります。