院長自己紹介 富山・高岡で頼れる歯医者・歯科|やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  院長自己紹介

院長自己紹介

院長自己紹介

私 は、昭和39年1月30日、氷見市万尾の母親の実家で生まれました。
その後氷見市阿尾で育ち、昭和45年氷見市立阿尾小学校に入学しました。
小学 1年の2学期の後半に腎臓病を発病し、しばらく、農協病院で入院しておりました。
その時におぼろげながら、医療関係の仕事に憧れを持つようになったと思 います。
昭和51年に氷見市立北部中学に入学しました。
昭和54年に県立高岡高校に入学しました。
高校では、たくさんの友人ができ、頻繁に新湊の庄川の 近くの友人の家に電車、自転車、時には、徒歩で遊びに行くうちに、能町近辺に親しみを感じるようになりました。大学は、福岡県立九州歯科大学に入学しま した。九州は、日本の一部ではありますが、富山と比べると、少し違う文化をもっているところです。
大陸文化の影響を富山よりも強く受けているという感じ です。
また、九州人気質に慣れるのに、少し時間がかかりました。大学6年生の最終学年の時、臨床実習の大学病院でいつもおもしろいギャグをとばしている 女性に出会いました。その人とは、現在一緒に生活しており、その人との間に3人の子供がいます。
大学卒業後、山口県や広島県で2年間勤務した後、富山に 戻ってきました。一年間高岡で勤務した後、平成4年5月1日に現在地で開業しました。

私の趣味

英会話学習。大学の時から、アメリカで研究したいという夢をもっていました。
経済的な理由によりそれが、かなわなかったですが、英語の勉強だけはしていました。
数年前、ふとしたきっかけで英検をうけてみました。一級を受け、1次試験は、なんとか合格しましたが、2次試験は日程が学会とかさなり受けずじまいとなってしまい、いまだに自分の英語力が不明のままです。
最近は、忙しくて英語の勉強をする時間がとれませんが、可能な時は暇をみて、CNNニュースを英語で聞くようにしています。
もうひとつの趣味は写真です。
大学時代からカメラを持っていろいろな所にいきました。写真に関してはその人が持つ感性がかなり影響します。私は主に風景を撮ってきました。
写真の才能がまったく、欠如しているのではないかと思われるぐらい下手ですが、下手なりに写真を愛しています。