高岡市 歯医者 歯科 やまもと

やまもと歯科ブログ

ワールドカップ

2006年06月13日


今日いち日は昨日行われたワールドカップの話題でもちきりでした。

残念ながら、日本はオーストラリアに負けてしまいました。

終了6分前から、3点も失うとは、おもわなかったです。

サッカーというスポーツはチームがもっている実力が
そのまま結果としてでるスポーツではないようにおもいます。

私が中学生のころやっていたハンドボールはチームのもっている、
実力が結果としてそのまま反映されるスポーツでした。

小学生のころやっていた、野球は、実際の実力が7割と運が3割のスポーツでした。
サッカーは、実力5割運が5割といったところでしょうか?

でも、運も実力のうちですので、自分で運をひきよせるように日々努力しなければならないようです。

私も運をひきよせられるように日々努力をし、
プラス思考でいこうとおもいます。

名札

2006年06月12日


歯科医医院で名札をつけることは、もはや常識です。
一人一人の名前を覚えてもらい、患者さんに親しみを持ってもらう。

また名札をつけることである種の責任感が生まれてきます。
いまやどの職種でも名札は不可欠。

名札もいろいろな形式のものがあります。
首からぶら下げるタイプのもの。
このタイプのものは私もよく目につきます。

当医院は名刺サイズでハードタイプ名札ケースを愛用してきました。

たまに洗濯するときに一緒にいれて、ぐちゃぐちゃになり
半べそで「名札洗濯してしまいました。」なんてことも。

しかし今回長年愛用してきたタイプのものから、スタッフの意見でケースを変えることになりました。

新しい名札ケースはウサちゃん、ネコちゃんケースに。
ウサちやんはピンク色のため女子スタッフ。青色のネコちゃんケースは私が。

なんともかわいらしい名札になりました。

少しでもこのかわいらしい名札が、患者さんを癒してくれることを願ってます。

3Mix-MP法はすごい、歯科界のカクテル療法

2006年06月11日


今日は朝の9時半から金沢で3ミックスMP法の講習会がありました。

先週も金沢で講習会がありましたが、
今回の参加人数は、先週の3倍ぐらいでした。

大勢の歯科医が集合していました。

先週来ていたメンバーのほとんどは、今日も来ているようでした。 

講師の先生は仙台で開業しているT先生で、
長年この3MIXーMP 法を研究されている歯科医師で、
いろんな症例をみせていただきました。

私もこの方法を採用して、数年たちますが、
また新たな、発見ができいった甲斐がありました。

富山県からも私が知っている歯科医も大勢来られていましたから、
明日から、いろんな歯科医院で3Mix-MP法が使われることでしょう。

高校同窓会

2006年06月10日


高校の同窓会から、手紙で連絡がありました。

東京大学の地震研究所とか、
どこかで助教授をしている高校の同級生が高校で講演をするそうで、
参加希望者は出席できるらしい。

でも、私は平日に医院をあけることはできないので、
今回も参加をみおくることにしました。

最近高校の同級生の活躍を新聞やテレビなどのメディアで時々目にします。
40才代になると働き盛りでそういう機会も増えるのでしょうか?

高校時代に、大勢で、下宿している友人宅にとまり、
空腹になり、誰が中川のモスバーガーにハンバーガーを買いに行くか、
じゃんけんしたのが昨日のことのようです。

そんな中から、有名大学の助教授になったり、
とやま賞を受ける人がでるとは、当時はおもわなかったですが、
みんな、頑張っているなぁというかんじです。

私も、田舎の歯医者として力一杯生きようと思います。

お誕生日のチェキ

2006年06月09日


今日は子供の誕生日なので、
私を除く家族は近くのピザ屋さんでお祝いしたらしい。

そこのピザ屋さんはお誕生日のお客さんに
チェキで撮影しボードに貼っています。

かなり集まっていろいろな方の楽しそうな表情を見ることができ
楽しいです。

当医院でも”わははクラブ”の会員様の写真を貼っています。
うちもかなりの数になりました。

ちなみにこのアイディアはピザ屋さんのパクリではなく
ピザ屋さんが始める前からおこなっています。

話は元に戻りますが、
私は今回仕事で行けなかったので、今度家族で行った時
子供の写真を見たいと思います。

生意気盛りの子供もピースサインなんか出してるのかなっ。

衛生士セミナー

2006年06月08日


今月下旬にやまもと歯科医院にて、
歯科衛生士セミナーがおこなわれることが決定されました。

講師の先生は神戸からこられるT先生です。
関西を中心に全国的に活躍されている歯科衛生士です。

ここ最近衛生士業務が歯科界では脚光をあびていますが、
その先頭にたつ歯科衛生士です。

私が歯医者になりたてのころといえば、
歯科衛生士は単なる、歯科医師の補助的な存在でしたが、

最近では、積極的に歯科疾患予防をおこなう中心となり歯科衛生士なしでは、
どの歯科医院もなりたたない状況となっています。

やまもと歯科医院にも合計8名の歯科衛生士がいますが、
貴重な戦力となっており、

やまもと歯科医院の診療の質をたかめるのに非常に貢献しています。
ありがとう。みんな。

ホワイトニング

2006年06月07日


ホワイトニングの最新兵器を先日、アメリカから直接購入しました。

そしてそれをやまもと歯科医院のスタッフの協力を得て、はじめて使用しました。

メーカー発表では、8シェードしろくなるというものでしたが、
はたしてそれは本当であろうか?

また、メーカー発表の副作用である、知覚過敏が以前のものより、
格段に改善されるというのは、本当であろうか?

実際にためしてみました。

予想以上に、30分のホワイトニング剤の効果で白くなりました。

いままでのもの、とは桁が違うという感じでした。

しかも歯にまるっきりダメージを与えず、知覚過敏も最小におさえることができます。

明日から、診療の幅がひろがりそうです。

ベッキー

2006年06月05日


ある本を読んでいたら、ベッキーのことが書かれていました。
ベッキーは毎朝「私だけの儀式」と称して
日ごろのなんでもないことに、手を合わせて感謝する儀式を行っていると書かれていました。

”毎日元気に仕事ができて、いいスタッフに恵まれて、支えてくれる家族に
感謝すること。”

小さな日常に感謝することにより毎日が張りを与えてくれるのだろう。

ベッキーは私の年齢の半分くらいの年ですが、
とても感心します。

ベッキーはいつも前向きで笑顔を絶やさないこと、頭が下がります。

40歳過ぎた私も見習って、今日から些細なことに感謝し笑顔で過ごそう。
ベッキーのようにかわいくないが、せめて感謝と笑顔をわすれないように・・・。

予防歯科講習会

2006年06月04日


金沢で開かれた予防歯科の勉強会に出席しました。
講師の先生は千葉県で開業されているY先生です。

今年の1月にも金沢にこられた先生です。
内容は予防歯科についてでした。

このY先生、歯科診療の運営法や、心理学的視点からについて、

いろんなことを常に考えておられる歯科医師で尊敬してしまいます。

現在の予防歯科界をリードする歯科医師のひとりで、
人間的にも魅力のある、すばらしい方でした。

今日の受講生は、講演会があると必ずこられるデンタルオタク歯科医が大勢参加されていました。

私もデンタルオタクのひとりですが、次の講演会にもまた、お目にかかりような気がします。

6月4日は、むし歯予防の日です。
予防歯科に関して、日本は先進国の中であまり優秀な国ではないようです。

毎年むし歯予防デーの1週間、いつもより歯を大切に考え
1本でも多くの歯を残すように、歯に関心を持ってくださいねっ。

やまもと歯科通信

2006年06月02日


やまもと歯科通信も今回で17回目です。
第1回目は新聞をつくるソフトに悪戦苦闘。

3~4時間かかり、表面だけでした。
2回目以降使い方もうまくなり、1~2時間で仕上がるようになりました。

2回目以降からスタッフにトップ記事を書いてもらい
裏面に連載の院長の休憩室に私の記事を書く。

あっさりと読んでもらうために、画像も重要です。
スタッフも当番制で記事を投稿してもらっています。

私たちが何気なく書いているものですが、楽しみにしてくれる方もいらっしゃいます。

以前バックナンバーが欲しいといわれた方もおられました。
前回は、犬の記事を書いたところ散歩中に何名かの方に声をかけられたそうです。

私は近所の方に読んでもらったとてもうれしいです。
応援よろしくお願いします。

おしゃぶりで歯並び悪化

2006年06月01日


おしゃぶりで歯ならびがわるくなったということで、
有名玩具メーカーがうったえられたそうです。

おしゃぶりを、ずっと使用しているとたしかに歯並びはわるくなります。
また指しゃぶりも同様です。
上と下の歯のあいだに指やおしゃぶりを常に
いれていれば、

そのかたちにあうように歯が動きます。

これをやめさせるのは、かなりむずかしいです。

子供を説得したり、いろいろな方法が紹介されていますが、
決定的な方法がありません。
根気いる仕事になりました。

私のこどもにも、指しゃぶりをやめさせるのは、大変でした。
でもある日突然指しゃぶりをやめました。
それは当時保育園ではやっていた”ポケモンパンシール”のおかげです。
「指しゃぶりやめたらポケモンパン買ってあげる。」
子供はおまけのシール欲しさに1日で指しゃぶりをやめました。

子供って分かりません。

今日は、午前、午後とインプラントの埋入で、忙しい日となりました。

一日中インプラントというのも、たまには、いいものです。

歯科医院でダイエット

2006年05月31日


今日のテレビ番組で歯医者でダイエットといのがありました。
上下の歯にキャップをつけ、それを歯に固定して、
そのうえで、上下のキャップを接着剤でくつけて、
口をあかなくして、たべれないようにするものです。

たべれなくなるので、かなりのダイエット効果があるようです。

歯科医にとっては、簡単につくれる装置ですが、
自分では、このダイエット法をやろうとはおもえないような方法です。

開発した歯科医はドイツ人ですが、
これが日本にはいってくるとは思えそうもないような方法です。

顎を骨折した時の固定の場合にも同じような装置をつかいます。

患者さんはかなりこれでやせます。
しかし、固定をはずすやいなや元にもどります。
このダイエット法もたぶん同じではないかと思うのですが。

それにしても、加藤大君はやせないですね。
痩せたと思ってもまた、元にもどっているようです。

私も人のことを言える立場ではないのですけど。

ホワイトニング

2006年05月30日


今日仕事がおわり、
家でアメリカでのホワイトニング事情の情報を得るため、資料をよんでいると、
一日が終わりそうになりました。

アメリカでは、次から次へと、ホワイトニング剤が開発されているようで、
この分野では、日本は、かなり遅れているようです。
私もホワイトニングを導入して数年、
効果がたかく、安全なホワイトニング剤をいつも捜し求めてきましたが、
最近、いいものがありました。

これで、いままでよりも、飛躍的に白くなりしかも、
ホワイトニング剤の副作用である、一時的に歯がしみるという欠点を小さくしたもので、
かなり、よろこんでもらえそうです。

あるエステのキャッチコピーに勝負服より、勝負肌。というコピーがありました。

よくできたコピーだと思います。

私たち歯科医で置き換えるとこれに似たコピーが作れそうです。

看板

2006年05月29日


今日から駐車場の看板に電気が灯りました。

この看板子供の友達には、けっこう評判がいいです。
ある男の子は「お前の父ちゃんがんぐろや。」
またある女の子は「ある意味すごい。」と子供には評判がいいです。

看板をあげた当初は何の反響もなく、寂しい思いでしたが、

子供が帰ってきて「お父さんの看板みんなにいろいろ言われたよっ。」と。

私は単純ですから、反響にうれしくなりました。

その看板が今日から夜、電気を照らすことになり、
私はうれしいです。

また少しは暗い夜道を明るくしてくれるでしょう。

とにかく今日は遅い診療に帰り道、自然に顔がにんまりしてしまった。

高岡で入れ歯のセミナー

2006年05月28日


高岡で入れ歯の勉強のセミナーがありました。

講師の先生は、東京からわざわざこられたA先生です。
1ヶ月前から楽しみにしていたセミナーでした。
某歯科医師会の事務の人からきいた開始時間におくれないように、少しはやめに家をでました。
到着してびっくり、もう講演は始まっていました。

講演開始時間は9時30分ではなく、9時ちょうどだったらしく、
20分近く、遅刻してしまいました。
思わず、ダチョウ倶楽部の上島竜平のように「聞いてないよ。」といいたくなりましたが、
いそいで席につきました。

このA先生の講演は、実は、3年ぐらい前から過去2回東京で聞いたことがあり内容は、ほとんど同じなのですが、
でるたびに新たな発見があります。
今回はスライドがかなり変わり、あらたにDVDも加わり前よりもかなり、
わかりやすくなっていました。

午後は富山大学の大学祭にいってきました。私は大学祭にいくのが好きです。
自分も若くなったような気がします。

外見は、おじさんですが、精神的にはいつまでも、
大学生時代から成長していないような気がするのですが。。。

歯科技工

2006年05月27日


ただいまやまもと歯科医院を開院して、15年目に突入しました。
今までのなかで、私自身が歯科技工をした時期もありました。

その時期はとても肉体的に苦しい時期でした。
診療が終わり、それから歯科技工をはじめ、仕事がおわるのは、いつも夜中の12時でした。

歯科技工士に任せて、おこなってもらえば、かんたんなことだったのですが、
どうしても歯科技工士の言い分が納得できずに、自分でおこなっていた時期です。

自分でやってみて、やはり、納得のいくものができ、
いい仕事ができた満足感をあじわうことができました。

でも歯科医師が診療も技工もするのは、実質的に不可能というのもわかりました。

体力がもちませんし、
したがって両方おこなっている歯科医師は、特殊な場合をのぞいてゼロです。

ただ、この経験をとおして、技工物を見る目は鋭くなりました。

歯科技工士に「考える技工」をもとめるようになりました。

歯科技工士には、すごく口うるさい歯科医とおもわれてるかもしれません。
お互いに切磋琢磨して、患者さんに貢献したいと思います。

子グマだっ。

2006年05月26日


最近暗いニュースばっかりです。
今日読売新聞の地方欄に、この季節に珍しい子グマ出現のニュースが。

寒い季節にクマが、山から下りて来て民家を襲い被害がでているが、
この暖かい季節には、珍しい。

このニュースにはオチがあり、
通報で駆けつけた富山南署員ものっそ歩く姿に肝を冷やすが
勇気を振り絞り近くづくと、「クマ」はうれしそうに尻尾を振り振り
擦り寄ってきて、それはクマではなく黒い犬だということが分かったそうです。

笑い話だが、新聞に載っている黒い犬は、本当にクマそっくり。

間違えてもおかしくない。

首輪をつけていてどうも迷い犬のようです。
無事に飼い主のところに戻るといいですねっ。

歯科用CT

2006年05月25日


富山市でおこなわれた、歯科用CTの勉強会に出席してきました。
歯科界でもいろんなものが、コンピューター化され、便利の時代となりました。

骨のかたちや、歯の根っこの状態など、がよくわかります。

普通の症例や、簡単な症例では、必要ありませんが、
難しいといわれる症例には、不可欠です。

やまもと歯科医院では難症例にはこれからも、どんどん活用していきます。

民宿

2006年05月23日


こんどの土曜日に氷見の民宿でのんびりりしようと、予約をとろうとしたら、
ほとんどの民宿がもう予約がいっぱいでした。
私は氷見市阿尾出身のため、民宿には詳しく、
どこの家の誰が民宿をして、どんなしごとをしているかをしっています。
中には、、私が子供時代に1、2回ですが、あそんだ人もいます。

昔、私の知り合いの高岡の人が私に、予約がいっぱだといわれたので、
私のカオでなんとか、民宿の予約がとれるように、
個人的にたのんでもらえないだろうかという依頼をうけたこともありますが、
残念ながら、私にはそんな、ちからはありません。

ということで、予約がとれずじまいになってしまいました。

それにしても、高岡の人は氷見の民宿に行くのがすきな人が多いですね。

私が氷見にいたころは、阿尾には民宿は1軒しかなかったのに、
今では、数多くの民宿ができています。

そして予約をとろうとすると、いつも満員で予約がとれません。

どうも、高岡の一部では民宿ブームがおきているらしいです。

見えない矯正

2006年05月22日


矯正装置は、昔よりずっとポピュラーになりました。
でも、気になる方はやはり気になるらしいです。

今をときめく、有名芸能人も中学生の頃や高校生の頃
矯正を行っていたらしく、当時の話をテレビで「装置が気になって口を開けずに笑っていた。」

というお話をしていました。

私たちからみたら、「おっ、矯正してるねっ。」とだけ思いますが、
年頃だったら、気になるのも大いに分かります。

そこで、歯の裏側に装置をつける方法もあります。

これには、メリット、デメリットがあるので、よく考えておこなって欲しいです。

とにかく、矯正装置によるストレスにも無視できないということです。

このようなことを経た後に輝く、きれいな歯並びはとてもすばらしいものなんです。
私は、本人さんの涙ぐましい努力に感謝しています。