高岡市 歯医者 歯科 やまもと

2016年04月の記事リスト

表情分析/富山、高岡市の歯医者、歯科ならやまもと歯科医院

2016年04月06日

朝のテレビ番組で 最近 世間を賑わせてている 乙武さんが ホテルで誕生日会をおこなったそうで、その 映像をみて、表情分析の専門家と称する人が、乙武さんの 誕生日会の後のインタビューの映像をみながら 乙武さんの心の中を分析していました。

下顎の皺のよりかた、左右の口角の上がりかた 頬の緊張の仕方から 乙武さんは 深く反省しており、後悔の気持ちがあらわれているという分析結果を紹介されてました。

我々 歯科医師にとって、口角の上がりかたや 左右の非対称性は まったく別の意味があります。下顎の関節頭が引っ掻かているとか、左右の一方が回転運動はしているけれど、滑走運動していないとか いろいろあります。

また、下顎の顎の一番突き出ているところの過緊張は 矯正治療をする上で大変気になります。

でも そういうところとは まったく関係ない視点での分析はとても 歯科医としては 興味深いものがありました。

歯学部の授業でも表情分析 教えてほしいですね。

噛み合わせと認知症/富山、高岡市の歯医者、歯科ならやまもと歯科医院

2016年04月03日

今日のフジテレビの新報道2001の番組のなかで 噛み合わせの大切さがが 説明されていました。

噛み合わせを改善させることによって、高齢者の歩行などの身体能力が劇的に向上したり、胃ろうから ふつうの食事に移行させたり、認知症も改善された 例が紹介されていました。

われわれ歯科医師にとっては、よく知っている常識でも 世間には まだ知られていない 情報がたくさん紹介されていました。

今度の歯科の診療報酬改定でも 訪問歯科診療を含め このへんの ところを 重視した改定がおこなわれて、色々な制約のなか、考え込まれた 改定になっていたので、以前より 患者さんが この分野でベネフィットを受けられるようになっていました。

この番組のなかで 元鳥取県知事の 片山さんが 歯磨きに30分時間をかけておられと 発言されていました。われわれの世代以下の歯医者は はみがきに30分以上かけるのは 当たり前のことですが、一般人で歯磨きに 30分以上かけておられるマニアックなかたが ここにもいたかという感じで 片山さんが健康オタクというのがわかった 番組でした。

最近のインプラント治療/富山、高岡市の歯医者、歯科ならやまもと歯科医院

2016年04月01日

先日 富山インプラント研究会の主催で東京歯科大学のインプラント科の教授を お招きして 講演会がひらかれました。

最近の インプラント歯科の話題は インプラントを入れる 埋入する技術的な問題ではなく、歯科界をとりまく環境のなかで、いかにして

インプラント治療を成功させるかが話題です。患者さんひとりひとりの人生を考え、総合的にいかに歯科的トラブルを少なくして 幸せな人

生を送ってもらうかが話題となっていまあす。一昔とくらべれば、かなり進歩した内容となっています。

もう一つの話題は 歯科医師国家試験でした。さすが 歯科医師国家試験の合格率が高い大学だけあって、大学の教員すべてが国

家試験の問題をといて、すごいエネルギーと時間をついやしているということです。毎年3000人ぐらいが歯学部を卒業して 実際に歯

医師国家試験に合格するのは、2000人ぐらいで、歯学部を卒業した人の3人に1人は歯医者になれない計算になります。こういう時代

だからこそ 国家試験の合格率が歯科医療人の間では よく話題になります。

私の出身大学の教官先生方も もっと 国家試験に興味をもっていただいたいと思っているのですが、 国家試験の勉強は学生ら

が自分らでおこなうものという考えが 主流のような気がします。