高岡市 歯医者 歯科 やまもと

2013年04月の記事リスト

研修会 歯科で行なう一次救命処置

2013年04月28日

富山県保険医協会の主催で行われた 歯科で行なう一次救命処置 という研修会に参加してきました。
講師の先生は 大学医学部の先生 と開業歯科医師の先生で行われました。
年に一度は この分野の研修会に参加していますが、今回は久しぶりに、講師の先生が医学部出身の先生で、歯学部出身の講師の先生とは、少し観点が違うのが 興味深かったです。
私の母校の麻酔科の教授も、医学部出身の教授に替わったそうで、最初に聞いた時はすごくおどろいてしまいました。最近 医科と歯科の交流がすすんでいるのでしょうか?

ケリー国務長官の英語

2013年04月14日

nhkの朝のニュースでアメリカのケリー国務長官が北朝鮮に「abide by the international obligations 国際ルールをまもらせる。」といっていました。
既にできているルールや約束などを まもる場合はabide byが一般的ですが、20年前の日本の皇室のスピーチの中で憲法をまもりの部分でabide byでなく通訳がprotectと訳し問題となったことがありました。protectだと同じ まもり でも、護憲派の憲法をまもりとなってしまい 誤解を生むのではないかと話題になりました。
誤訳は時には歴史を変えてしまう可能性もあります。
佐藤首相の 善処しますも ベストを尽くすとニクソン大統領に訳され佐藤首相は嘘つきになってしまったこともあります。
歯科関係では外国の講師の先生に通訳をつうじて質問すると8割方 ちんぷんかんぷんの答えや 的を得ない答えが帰ってきます。原因は通訳が内容を理解していないため正しく伝えられないからです。
言葉の壁の大きさを改めて思い出しましたが、最近では前国務長官のクリントンさんと同様に、
今回のケリー国務長官の中国 韓国での英語は ネイティブスピーカーでない人が ついていけるように 一語一語ハッキリ ゆっくり発音しているのが印象的でした。

サッチャー元首相

2013年04月08日

サッチャーさんが亡くなられたそうです。
最近は 認知症で入院していると報道されていましたが、今日なくなられたそうです。
サッチャーさんは日本では、イギリス経済をたちなおらせた政治家として 通っていますが、少なくとも日本にいるイギリス人のほとんどすべての人の一致した意見はイギリス史上最低の首相ということだそうです。
フォークランド紛争で イギリスのシーハリアー戦闘機がアルゼンチン軍のもつ、フランス製のミラージュ戦闘機を次から次へと撃墜して勝利を収め ある程度の支持を集め、次選挙に勝利し、、人頭税(poll tax)の導入などでおいつめられて辞任に追い込まれるまで新自由主義を貫き 世界の政治史で 一世を風靡するしたのはまちがいありません。
イギリス経済を建て直したものの、一般庶民をthe great unwashedとして対応したのも事実で、イギリス政治史でサッチャーさんの公平な評価がされるのはあと数十年さきになりそうですが、とにかく、かつてのbbcウオチャーとしては 寂しいかぎりです。