高岡市 歯医者 歯科 やまもと

2011年03月の記事リスト

MRI インプラント 磁性アタッチメント

2011年03月28日

診療後、富山市で医師会、歯科医師会共同で、おこなわれた、MRI 磁性アタッチメント インプラントの講演会に行ってきました。
磁性アタッチメントとは、入れ歯に磁石をつけて、歯の根っこにステンレスの金属をセメントで接着して、この磁石とステンレスをマグネットの力でくっつけて、入れ歯をうごかないように固定する装置です。
MRIをとる上でこのステンレスが半径6センチ以内のところで、MRIにアーチファクト(画像の乱れ)をおこす可能性があるということです。
では、インプラントとMRIの影響はというと、こちらの方は、影響はなく、何の問題もないそうです。
医療関係者のなかには、磁性アタッチメント(磁石)とインプラントを混同している方もおられると聞きますが、歯科治療に関して、医師 放射線技師の方の理解がえられ、また、歯科医師の脳ドックにおけるMRIについての理解が深まりすばらしい講演会でした。