高岡市 歯医者 歯科 やまもと

2010年07月の記事リスト

インプラント講演会 金沢 博多弁

2010年07月25日

金沢でノーベルバイオケア社のインプラントの講演会に参加しました。
講師の先生は福岡県で開業されている方でした。
福岡弁まるだしの講演会で、しゃべり方が私のfather-in-law
に非常よく似ており親近感をかじました。
大学時代の中枢神経を担当しておられた長崎大学の解剖学の元教授はよく「しゃんしゃ神経」について説明しておられましたが福岡出身の友人が隣で解説してくれて、博多んもんは「さ」の発音ができず「しゃ」になるそうです。それで「三叉神経」についてはなしおされているのだとひらめきました。
結論、博多弁には、慣れるのに3カ月かかります。

インプラント講演会

2010年07月22日

診療後、インプラントの講演会が富山でありました。
毎年、いろいろな器具器械が開発され、インプラント治療はより確実に、患者さんへの肉体的な負担が小さくなるものが開発されています。今回の講演会のメインはその道具などの紹介でした。やまもと歯科医院では今回紹介されたもののほとんどを購入ずみだったため、その有効活用の仕方を考えるいい機会になりました。

インプラント講演会 富山

2010年07月11日

今日は富山市内でインプラントの講演会が2件でおこなわれ、また、日本歯科医師会の企画の講演会も行われたようで、講演会が重なる日となりました。
私はブローネマルクインプラントを主体としたインプラントの講演会に参加してきました。
インプラントの種類がちがえば、そのインプラント治療のコンセプトもまた違う現状で今回のインプラントの種類は老舗中の老舗で、素晴らしい講演会となりました。
私は今回の講師の先生の講演は数回聞いたことがありますが、毎回すこしづつ進化しているようです。
私が現在メインに使用しているインプラントとは違いますが、いいところは取り入れていこうと思います。

カルシテックインプラント症例検討会 東京

2010年07月04日

カルシテックインプラントの症例検討会に東京にいってきました。
各自が発表してそれについて、ああでもない、こうでもないと話し合う企画です。参加者の人数分だけの知恵があり、同一症例でもいろんな角度から考えることができます。何よりも、こうのような全国レベルな高度な症例検討会は、診断力をきたえることができることがいいところです。

CNNのラリーキングついに引退決定

2010年07月03日

CNNの看板キャスターがついに引退を決意しました。
15年ほど前はよく英語の勉強の意味も含めてラリーキングライブをみていました。最近10年ほどは番組自体をみていませんが。
時々見る映像からは、歯科医の立場からは、口元の皺と交合高径(噛みあわせの高さ)がひくくなっているのが気になりましたが、いろいろあり引退を決意したようです。ラリーキング曰く「ついに(トレードマークの)サスペンダーをはずす日がきた」ということです。
ひとつの時代がおわったという感じです。