高岡市 歯医者 歯科 やまもと

2009年10月の記事リスト

週末のインプラント研修会

2009年10月25日

久しぶりに土曜日に休診させていただき、2日間の東京でのインプラント研修コースに参加してきました。
今回は実技コースも含まれていましたので、いつもとと少し雰囲気がちがっていました。講義の内容はいつもきいている話がメインでそれを確認するための実習でした。
私の発表は時間切れのため、次回(来月)にまわされましたので、楽しみが1ヶ月のびてしまいました。

インプラント治療のグローバルスタンダード

2009年10月18日

日帰りで名古屋での、インプラントセミナーに参加してきました。
今日の講演で面白かったのは、「インプラント治療のグローバルスタンダード(世界標準)ってなんでしょうか?」ということでした。最近どの業界もグローバルスタンダードを意識して発展を遂げようとしています。ではインプラント治療においてのグローバルスタンダードとは、、、、、「アメリカを中心とした歯科医の間での白人へのインプラント治療」との講師の先生の主張でした。確かに世界的に有名な歯科医のインプラント治療での症例写真は患者さんのほとんどは白人です。ところが、白人とアジア人の顎の骨の厚みボリュームには明らかな違いがあります。歯科治療では1ミリの誤差が許されない世界ですので、私の感覚では白人は2~3ミリは骨幅が厚いようにおもわれますので、白人のインプラント治療をそのまま、日本人にあてはめることは、できない場合も多々あるということです。
その意味で、講師の先生がいっておられた、アジアスタンダードを確立しようという考えには賛同できました。

感染歯と抜歯即時埋入インプラント

2009年10月15日

最近よく、歯医者の友達に、感染している歯を抜いて、その場所に、そのまま本当にインプラントを埋入できるのかよく聞かれます。
確かに、数年前まで、感染した歯を抜いてそのまま、インプラントを埋入するというのは、考えられないことでした。私も最初に聞いたときは信じられなかったです。しかし、世の中は広く、できるはずだと確信し、いろいろ工夫して成功した歯科医がいます。コロンブスの卵を発見するような歯科医です。
ポイントはいかにして感染した歯、歯周組織をきれいにするかです。そのための特別な器具を使いマニュアル通りにインプラントを埋入すれば、ほとんど100パーセントに近いぐらい成功します。
しかし、歯科医の中には、そんなことできるはずはないと言い張るかたもおおくおられます。必ず感染してインプラントが骨にくっつかないはずといわれます。
客観的な成功率(ほぼ100パーセント)もでているのに、最初から、食わず嫌い的な発想をもっておられ、批判されるのは残念なことですが、患者さんの立場から観ると、1回のオペででき、治療期間も短縮できるのでこんないい方法はないようにおもえます。当歯科医院でもおおくの患者さんによろこんでいただいております。

湾岸戦争と英語

2009年10月12日

平成3年の湾岸戦争の直前、ブッシュ大統領がイラクに「最後通告」を送ったとき、我々日本人のほとんどはアメリカが本当にイラクを攻撃するとは考えなかったと思います。有名な国際派コメンテーター評論家やキャスター(のちに国会議員になった人もいます)の多くは、「アメリカは攻撃しない、もしするならば、それはブッシュがバカだといことだ」といっていましたが、軍事評論家の江畑謙介さんは違って言葉をにごしていました。後に、「アメリカは本気だとわかっていたがテレビではそんなこといえなかった。」といっていましたが、その江畑謙介さんがなくなられたそうです。
若い日本人にとって「最後通告」は日本語では、あいまいな言葉で、私も、最後通告の期限が切れて、交渉が始まるのかなとも思いましたが、英語を習っていくうちに「最後通告」の英語にあたることば「アルテメタム」には意味がはっきりと一つしかないというのが分かりました。意味は期限がきれれば必ず実行するといことです。
アメリカ人が過剰反応する言葉のひとつに「弱虫、臆病者」といのがあります。「バックトウーザフューチャー」でもジェームディーンの「理由なき反抗」でもこの言葉に反応して主人公はトラブルにまきこまれました。ブッシュはこの湾岸戦争前まで「弱虫大統領」(wimp)といわれていました。最後通告をだしてなにもしなければ、ますます弱虫といわれてアメリカ社会では生きていけなかったでしょう。それらを見通した江畑謙介さんは英語力もすごかったものとおもわれます。
江畑さんのご冥福をお祈りいたします。

低侵襲(低ダメージ)インプラントのセミナー 東京

2009年10月11日

低侵襲インプラントのセミナー参加のために東京にいってきました。
講師の先生は、私が色々なセミナーに参加する時にときどき、お見かけする方で、歯科治療への情熱はすごいものがある歯科医です。
講演の内容はすばらしく、とても参考になりました。やはり、インプラント治療はこの低侵襲インプラントの方向にいっているようです。インプラント治療に対する基本的なコンセプトは私と共通するところがたくさんありました。また、講師の先生が、独自に工夫されている点もご披露され、すばらしいセミナーでした。
歯科医の中にはインプラント治療の患者さんの7~8割の方に付属の骨増成GBRの、さらなる手術(それが患者さんが求める治療であれば、それはそれでいいのですけれど。ただ、私が患者ならそれは求めないと思います。)をする歯科医師も存在し、そのことに対する疑問には、共感できました。使用するインプラントとテクニックを工夫すれば、骨造成GBRをする必要はほとんどなくなると言う点では一致しました。

歯周病 インプラントのセミナー 金沢

2009年10月04日

金沢で歯周病,インプラントのセミナーがありました。
講師の歯科医はアメリカのタフツ大学で歯周病を学んだ方でした。とても素晴らしい講演で感動しました。

インプラントにはいろいろな種類 会社があり、それぞれのインプラントでできること、できないことがありさまざまです。あるインプラントのグループには信じられないことでも、他のグループのインプラントユーザーには簡単にできることもしばしばあります。
最近何か新しい治療法があるとエビデンス(それを正当化する証拠)は何かと歯医者どうしでの議論になります。そしていろんな人の研究論文を引用します。しかし、研究論文の中の他との比較の仕方や、方法論にときどきトリックがあったりして、それに気づかず、つまり、エビデンスを精査せずにエビデンスがあるとかないとか言うことも多くあります。また、最初から自分で結論を出してしまい、論文の内容を信用せずに、そんなのありっこないと決めてかかり、そんなのエビデンスではないという場合もおおくあります。
少なくとも、最初から否定せず、聞く耳をもって論議をしたいものです。

最近お気に入りのテレビ番組

2009年10月03日

私の最近のお気に入りの、テレビ番組はNHKのBS20周年ベストセレクションです。さすがにベストセレクションというだけあって、毎回感動の番組です。
番組のテーマは多くの場合「個人個人の平和への思い」のようです。

今日は東欧のチェコで、はやったビートルズの歌、ヘイジュードそしてその歌の裏にかくされた意味についてでした。私の知合いのチェコ人がよくソビエトの人について熱く語っていたのをおもいだしました。プラハの春を弾圧された思いなどからきているようです。

前々回はサラエボオリンピックの金メダリスト、カタリーナビットさんがインタビューをうけて、どうして再びオリンピックにでて、リレハンメルで「Where have all the flowers gone」の曲を選んだのかの理由を語っていました。カタリーナビットさんがインタビュー前に要求していた出演料30分で50万円はインタビュー後、出演料はいらないということになったそうです。