高岡市 歯医者 歯科 やまもと

2009年08月の記事リスト

日本歯科医師会セミナー

2009年08月30日

富山市で日本歯科医師会の生涯研修セミナーがありました。
2大学からインプラント治療を担当する2人の教授先生が来られてのセミナーでした。
現在のインプラント治療の現状と入れ歯を組み合わせたインプラント治療がメイントピックスでした。
面白かったのはここ2~3年インプラント界で話題になっているオールオン4(歯がまるっきりない方の顎を4本だけのインプラントで支えようというもの)についての評価でした。その将来どうなるかの予想もあり、それを力学的に解析したりと興味ぶかいものでした。

今月2回目の大阪

2009年08月23日

今月2回目の大阪に行ってきました。
インプラントの勉強会に参加しました。
最近のインプラントの話題は、抜歯(歯を抜いた)と同時にインプラントをいれて固定式の仮歯をいれるというのが、中心です。
一昔前までは抜歯をして、2~3ヶ月待って、インプラントをいれて、インプラントが骨とくっつくまでは、仮歯もなんにも入れれないといのが標準でしたが、ここ3~4年でかなり、進歩して、変化しました。やはりインプラントをいれる方にとってはかなり、都合よくなってきました。
インプラント治療自体、患者さんのQOLをあげる治療ですので、当然といえば、当然の方向ですが。
おもしろいことにこの方向に、反対、若しくは批判的なインプラント歯科医のグループもあります。が、即時埋入を行っているグループにとっては、単にやりかたを知らないだけなのではないかといのが、一致した見解です。

インプラント症例検討会 in 大阪

2009年08月02日

インプラントの症例検討会が大阪でありました。参加メンバーのほとんどは関西弁を喋る方々で、みなさん知り合いらしく、私にとっては、かなりアウェイの状況でした。
発表をした参加者の歯科医の症例を通して「これはよかった」「いや、これはこうすべきだった」などどと みんなの意見がだされ、色々な角度から検討され参加者の日々の診療の向上に役だったように思われます。
参加者が一致した結論は、「歯科医が行いたい治療ではなく歯科医が自分が治療を受けるのであったなら行ってほしい治療をしよう」といことでした。つまり、「派手で大きなな外科手術でなく、体にダメージが少ない治療をしよう」でした。