高岡市 歯医者 歯科 やまもと

2005年02月の記事リスト

月曜日

2005年02月28日


きょうも、ほぼ順調に診療がすすみましたが、4時ごろは少しこんでしまいました。最近、予約システムの変更でこむことがあまりなくなりましたが、反省点をあらいなおし、あしたからの診療にいかしたいです。夕方からは歯科衛生士が1名欠席のためのんびりした診療となりました。増築工事も順調にいっているようです。電気の点検にこられた建築会社のかたをよくみると、この前までこられていた患者さんでした。H建築会社のみなさまとその関係者の皆様どうもありがとうございます。

矯正講習会

2005年02月27日


今日は富山市のホテルで矯正の講習会が行われました。講師の歯科医師は、東京で開業されておられる、Y先生でした。低年齢の子どもの受け口をなおす方法についてでした。私自身は5~6年前からY先生の治療方法に興味をもち勉強をしていましたが、開発者本人から直接講演を受けることができ大変感動しました。でもこの手のわりあい簡単になおる装置は筋金入りの矯正をする歯科医からは、敬遠されがちです。なぜか?簡単になおりすぎるからかな?それとも、やはり、金属の金具をいれ、ワイヤーをいれなければ、矯正でないと思われているのかな?わかりません。でもそういう方は、この装置での治療経験がないことだけは確かです。どんな方法であろうと患者さんが楽に負担なく治せる方法が一番だと思うのですが。

誤訳

2005年02月26日


今朝テレビで情報番組をみていると、アメリカでは「暴れんぼう将軍」を「violent shougun]
と訳されているそうです。私も英会話の勉強をやっていなければ、わからないことだったんですけど、私的には、ちょっと誤解をうみそうなそんな感じがします。でも、このことばが定着してしまえば、かえることは不可能になってしまいます。何の場合にも、いちど前例をつくれば、誤解を解くのが難しいですね。むかし佐藤首相が善処しますと言った言葉が、必ずしますとニクソン大統領に誤訳されて伝わったたことは有名ですが、いまの社会でも頻繁にこういうことが発生しているようです。歯科の学会、講習会でも誤訳は頻繁にあります。ひどいときには、半分しか正しい訳をせず、半分は自分の考えを適当にいっているひと(通訳の人)もいます。そういう訳をする人はプロの通訳ではなく、たいていは歯科医で5~6年ぐらいの留学経験のある人です。歯科界はかなり小さいのでそのことに気づく人はほとんどいません。現在のところ歯科界では外国の情報を入れるときは書かれたものをたよりにするしかないみたいです。だから、アメリカの歯科水準より20年もおくれているのでしょうか。これがすべてではないですけど。
日本の歯科水準をアメリカなみにあげるように地方からでも小さい努力をしていきたいです。

TGIF

2005年02月25日


今日もほぼ順調に診療がすすみました。最近では予約をされたかたの待ち時間が大幅に短くなり、あたらしい予約システムも軌道に乗った感じです。
 朝の新聞を読んでいると「英語であそぼ」のお姉さん役をしておられた「みく」さんが肺がんでなくなられたとかいてありました。10年ぐらい前に私とこどもが毎日みていた番組です。まだ30歳だったそうです。つい最近まで元気で活躍しているのをみましたが、本当に残念です。ご冥福をお祈りいたします。

工事

2005年02月24日


今日は、増改築工事の1日目でした。騒音が大きく工事の始まりを実感しました。完成がたのしみなのですがまだ、なにをどうするかとか、レイアウトもきめていません。いそいできめなくては。
 二子山親方が口腔底癌を患っているそうです。一般の方にはなじみがかなり薄い病気ですね。私が大学病院にいた時は、舌癌や歯肉癌の患者さんはたくさんおられましたが、口腔底癌のかたは、私自身はおられたかどうか記憶にありません。前々から週刊誌などで癌ではないかとりあげられてはいましたが。二子山親方の回復をこころよりお祈りいたします。

増改築

2005年02月23日


明日から、やまもと歯科医院の増改築工事がはじまることが急きょ決まりました。増築できるスペースも土地が小さいため、あまりひろくはなりませんが、今よりは広くなる予定です。でも、あまりにも急なのでおどろいています。建築会社に連絡したら、「じゃ、あしたからはじめます」といわれ、「どひゃー」となってしまいました。
 こたつがこわれ、今日はさらに、ストーブまで壊れてしまいました。冬ももうすぐ終わりでしょうか?なんとかもちこたえることができるか、自信がありません。

こたつ(snuggle under the kotatsu)

2005年02月22日


家のこたつが壊れてしまいました。子どもがひっぱたリ、足をひっかけたりしていたので、いつかはこの日がくるとおもっていましたが。もう、さむくてさむくて。家族でストーブの前の席争奪戦がおなわれました。親も子どももない仁義なき戦いになりました。
今日の昼休みに趣味の電話会議というものに参加しました。おもしろい企画ですが、私ははじめての参加ということもあって、なにがなんだかわからないうちに終わってしまいました。5年前ぐらいに、電話英会話教室に参加したことがありますが、基本的にはそれとおなじでした。たしかNTTコミュニケイションの企画で電話代はほとんどゼロでニュージーランドにすむニュージーランド人と会話するというものでした。でも、ニュージーランド英語はなまりがつよくて、アメリカ人にアメリカ英語で通訳してもらう必要があります。

ホームページ更新

2005年02月21日


2月のホームページ更新がもうすぐです。今回もいろいろなものを準備しました。詳細はみてのおたのしみです。
今日の昼、あるスタッフの母が足を骨折し、入院したそうです。大変なことになりました。世のなかいつ何時何がおきるか解かりませんね。心よりお見舞い申し上げます。
わたしの父も72歳ですが、いまだに現役ではたらいております。時々心配になりますが、げんきで働いている様子です。父のはたらいている会社の工場長さんをはじめいろんなかたが私の歯科医院においでいただいています。ほんとうに、ありがたいことです。やまもと歯科医院も私の知らないところで、いろんな人に支えられているようです。

予防歯科

2005年02月20日


テレビコマーシャルをみていると、最近よく「むしばリスク」ということばをきくようになってきました。日本でもようやくむし歯になりやすい人がいるという認識が普及してきたようです。この認識がひろまれば日本人の歯がもう少しよくなるかもしれません。英語圏の人たちによると「日本人はどうしてあんな歯(funny teeth)をしているのか」とかならず聞かれます。本当に失礼なことをいいます。でも、半分あたっているのかもしれません。日本人の80歳のひとは平均8本の歯しかもっていません。発展途上国なみです。いちぶのアジアの新興工業国の国民より下だそうですから。これはわれわれ歯科医の責任でもあります。日本の歯科医はなにをしてきたんだとお叱りをうけても当然です。もっと国民の幸福につながる歯科医療をめざしていく必要があるとおもいます。

長い友だち

2005年02月19日


最近どうも私の長い友だちである髪の毛が少なく、薄くなったよう気がしてしょうがない。私の家族によるとザビエルはげだそうです。あたまのてっぺんがきているそうです。5~6年ほど前からシャンプーをかえてからしばらくは、抜け毛がへったのですが。リーブ21にいくほど勇気はないし。たかそうだし。かつらをすると70万円ぐらいするときくし。総入れ歯は一セット5万円ぐらいしかしないのに。保険がきくからその3割で1万5000円ぐらいかな。かつらとかリーブ21も保険がきけばいいのに。とにかく、当分の間は、たたくしかないという結論にたっしたのでした。

TGIF( thank God its friday)

2005年02月18日


今日は金曜日ですが、歯科衛生士が2名欠席のため、のんびりした日でした。今年に入りわりあい忙しい日が続きましたが、最近落ち着いてきたもようです。当歯科医院の予約システムも軌道にのりはじめてきました。
治療用のイスも増設予定なのですが、そろそろどこの会社のものを採用するか決めなくてはならない時期になりました。今のところS社から購入する可能性大です。
やまもとしか通信というニュースレターを毎月だしているのですが、今日受付で、お褒めのことばをいただいたそうで、とてもうれしくおもいました。毎月だすのはかなりしんどいところもありますが、がんばって続けていきたいです。

指しゃぶり

2005年02月17日


私の子供はつい最近まで指しゃぶりをしていました。ゆびしゃぶりについては、かなり勉強をしてきましたが、自分の子どもの指しゃぶりをなおすのは大変でした。いろんなことを試してみました。学会や専門誌にはいろんな人がいろんなやり方を紹介していますが、すべてダメでした。でも、ある日、ポケモンマンシールつきのパンを買うのを条件に指しゃぶりをやめることを約束させて以来、ぱたっとやめました。それ以来、出っ歯もなおり、呼吸も改善しました。指しゃぶりをなおすのは、ほんとーに難しいです。

チョコレート

2005年02月16日


家族からもらった、バレンタインのチョコレートも食べ終え、義理チョコも食べ終え、患者さんから頂いたチョコも食べ終え、かなり体重がふえたような気がします。娘からは、いつもデブよばわりされるようになりました。こどもは、親がふとっているのがいやなもんなのでしょうか。私の今は亡き母親は若いころは、体重100キロありました。学生時代の授業参観の時は、よく友だちから、子どもである私がからかわれたものです。当時はいやでしたが、今、当時の母親の年齢になると、懐かしい、いいおもいでとなりました。

勉強会

2005年02月15日


今日の診療後はS歯科医師と勉強会。明日からの診療にいかせる情報をたくさんしいれました。自分ひとりでは集めることができない情報がたくさんあり、いろいろな歯科医師が工夫していることを勉強しまた。

月曜日

2005年02月14日


祝日、日曜日とやすみがつづいたためでしょうか、今日は予約外のかたがたくさんこられました。予約をとられた方はおおむね順調に治療が進みましたが、予約をとられていない方は待ち時間が長くなってしまいました。予約システムが先月の末からおおきくかわっているので予想をおおはばに超える人数の予約外の方がこられると、予約外のかたの待ち時間がながくなるので、心ぐるしいです。

歯科英語

2005年02月13日


某有名歯科雑誌に英語圏の外国人が来たときのための英会話教室があります。内容がとてもおもしろい内容ばかりです。歯科医師は「歯が生える」ことを「歯が萌出(ほうしつ)する」といいます。でも、歯科関係者以外の人がこの言葉をつかったのをきいたことがありません。
その雑誌のなかで、患者さんが「歯が生えてきたんだ。」というときにつかった言葉はerruptionでした。私もこの言葉を何度か使ったことはあります。そしてそのときの外国人の反応はすべておなじです。その反応というのは、笑い転げるということです。そして「火山(volcano)じゃあるまいし」といいます。erruptionは英語圏の一般の人にとってはやはり噴火しか意味しません。その雑誌のなかでは、theや a が抜けていたり複数が単数になったり、もうむちゃくちゃでした。でもこの雑誌日本の歯科医師なら誰でも知っている超有名な雑誌です。ネイティブスピーカーのチェックなしでだしているようで、歯科界の狭さをいつもかんじながら読ませていただいております。

矯正

2005年02月12日


きょうは矯正の患者さんが多い日でした。ブラケットをつけてワイヤーをいれることがおおくなりました。できるだけワイヤーやブラケットをつけずに取り外し式の矯正装置をいれるようにしているのですが、やはりどうしてもワイヤーとブラケットが必要なこともでてきます。たべればワイヤーにひかかるし、なかなかたいへんです。私自身も矯正のブラケットとワイヤーをしたことがあります。患者さんがどう感じるのだろうかとおもい、自分で自分の歯にくっつけてワイヤーを装着しました。もう、悲劇のはじまりでした。歯は痛くなるし、食べ物はひっかかり歯をみがいてもみがいたような気がしないという状態でした。矯正治療の大変さを身にしみました。わたしは我慢できず、2ヶ月ほどではずしてしまいました。それ以来ますますとり外し式の矯正装置がすきになりました。

ニューリ-ダー

2005年02月11日


今日は、日帰りで大阪の歯科セミナーに行ってきました。朝、6時に家をでて夜9時にもどってきました。内容は、診療のレベルをいかにあげつづけるかでした。講師は、歯科界のニューリ-ダーといわれてるひとのひとりです。歯科界のニューリ-ダーといわれているひとたちは40代半ばで働き盛りの人ばかりです。私のもうその年齢にちかずいてきています。一昔前までのリーダーたちと考えがぜんぜんちがいます。中心は患者さんです。私も患者さんとスタッフが幸せになる歯科医院をつくっていきたいです。

美容外科

2005年02月10日


きょう、某美容外科の医院パンフレットを友人からもらいました。内容は、ほくろ、あざ、きずなどの症例紹介が半分でした。その中でも、レーザー治療が多く、きれいになおっていました。私の医院にもレーザーが2台あるので、いくつかの治療はできそうな感じではありました。でも歯科医師法上、口の中とかまわりとか、顎にできたのもしかできないので、歯科領域の美容外科のニーズは、ゼロといったところでしょうか。
あしたは、建国記念の日。私が小学生のとき、当時の校長先生から、何の日か知ってますかときかれ、建国記念日とこたえたら、それはまちがいです。といわれました。建国記念日ではなく、建国記念の日が正解だそうです。この日を祝日にするのにすったもんだがあり、「の」が必要になったそうです。日本の政教分離はきびしいですね。

治療イス

2005年02月09日


きょうは某会社の歯科用治療イスの説明をうけました。立派なのもですが非常に値段が高いというのがわかりました。去年の価格よりも70万円たかくなっていました。輸入品でもないのに、この一年間のあいだになにがおこったのでしょうか、すごく知りたいです。
 歯科用治療イスはたかいものでは900万円もします。外国製のものは、一般的に国産のものよりも、たかめですが、歯科界の深刻な構造不況のなか、10年前とくらべるとかなりやすくなりました。しかし、それでも、かなりの高額になります。宝くじがあたったら、900万円のイスを
10台ほどいれようと思うこのごろです。

1 / 212