高齢者の歯科治療 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  むし歯治療 >  高齢者の歯科治療

高齢者の歯科治療

80歳老人の残存歯数別による3年後の健康状態

  • 残存歯が20本以上の場合は3年後、ほとんどの人が健康の状態で生活していた。死亡または入院の率は6%であった。
  • 残存歯が10~19本の場合は、3年後27%の人が死亡または長期入院していた。
  • 残存歯0~9本で入れ歯を持っている人は、44%の人が死亡または長期入院していた。
  • 残存歯0~9本で入れ歯を持っていない人は、100%の人が死亡または長期入院していた。

サンプルの数自体は少ないが、この調査で歳をとって健康に過ごすには自分の歯を残すことが大切であり、不幸にして歯を失った場合は入れ歯をいれることで、それを補うことが重要であるということを示しています。

kourei1

高齢者で歯を失う原因は何か?

kourei2

それでは高齢者で歯を失う原因は何か?それは歯周病です。むし歯よりも歯周病で歯を失う場合がほとんどです。

ある程度の年齢をすぎると歯ブラシで汚れを取り除くことも難しくなってきます。したがって歯科医院でより頻繁にお口の中のクリーニング・PMTCを受けることが、必要になってきます。

ある程度の歯を残すことができれば今度は高齢者特有の問題として歯の根っこのむし歯が問題になります。エナメル質は硬くむし歯になりにくいですが、セメント質はわりあい簡単にむし歯になります。

また高齢者は唾液の量がかなり少なくなり唾液による自浄作用(唾液で汚れを洗い流す能力)が低くなります。

たがって歯周病が進むと歯ぐきが下がり、セメント質が口の中に露出するのでかなりむし歯になります。このむし歯を防ぐのは、わりあい大変ですが、西欧・北アメリカなどの先進国では高濃度のフッ素(ジュラファット)を用いて歯の根っこに塗って成果をあげています。