金属アレルギー 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  むし歯治療 >  金属アレルギー

金属アレルギー

指輪、ネックレス、イアリングなどの金属をつけることによって、よく「かぶれた」という話を耳にします。これはそれらの中の金属が皮膚にふれその金属イオンが原因となりアレルギー反応がおこるものです。その金属の使用を中止すれば「かぶれ」や接触性の皮膚炎は治ります。

others3-1

日本では、むし歯治療により口の中にも、貴金属、卑金属を歯にかぶせたり、部分的に歯につめておられる方も多くおられます。基本的には手、首、耳であっても、口の中であっても同じで歯科用金属はアレルギーをひきおこす可能性があります。東京でのある調査によると20パーセントのひとが水銀にたいする抗体をもっていたという報告があります(歯科用アマルガムにアレルギーをおこす可能性がある。)

難治性の「しょうせきのうほう症」などが、口の中の金属を取り除くことにより治癒したのを歯科医師として経験するっことも珍しくありません。(歯科用金属、歯の根っこの先の感染、歯周炎などもしょうせきのうほう症の原因となることがわかっています)

指輪やピアスにかぶれやすい人、手足やからだに水泡・湿疹がある人、きんぞくアレルギーの不安がある人は要注意です。

金属アレルギーによる症状、病名

接触性皮膚炎、麻疹、手足の水泡、アトピー様皮膚炎、掌(しょう)せきのうほう症、扁平たいせん、皮膚や粘膜のただれ、あかみ、脹れ、口内炎、口唇炎などです。 原因は口の中の金属にありますが、症状の9割の場合は、手や足などの口以外の部位にでます。したがって、ほどんどのかたは、皮膚科や内科をおとずれ、それから歯科にこられる方がほとんどです。

どんな金属が原因になるのでしょう?

答えは、すべての金属がアレルギーの原因になる可能性があります。 そのなかでもアマルガムにふくまれる水銀などに可能性がきわめて高くなります。また、金は、アレルギーをおこしにくいと考えられがちですが、それは誤りです。金は銀より格段にアレルギーをひきおこす可能性があります。チタンもわずかでありますが、アレルギーをひきおこす可能性があります。

治療法

治療法はきわめて簡単です。原因となる金属をとりのぞくことです。ただ、問題がひとつあります。それは、どこの歯のどの金属が原因となっているかをつきとめることです。

治療のながれ

1:初診ノ視診、レントゲン検査
2:パッチテスト~10数種類の歯科用金属のサンプルを絆創膏にはりつけ、それを肩のしたに貼り2日、3日、7日後の皮膚の反応をしらべるものです。これにより原因の金属をさがします。
3:DMAメーターによる診査~このメーターにより、どのかぶせもの、金属のつめものの金属イオンが溶出しているかしらべるものです。
4:原因となる歯についた金属の除去
5:仮の歯をいれて6ヶ月間の経過観察
6:最終的な歯をいれる

others3-2
その他の治療法

O‐リングテストによる診断の後、原因金属を確定、除去し、仮の歯をいれ、6ヶ月経過観察したのち、最終的な歯をいれる。