神経を取った歯を大きく削って 銀歯をかぶせたくない 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  むし歯治療 >  神経を取った歯を大きく削って 銀歯をかぶせたくない

神経を取った歯を大きく削って 銀歯をかぶせたくない

虫歯治療の流れとして 神経をとってしまった歯は、とても脆いので 虫歯でない歯の部分(健全歯質)が 残っていても 土台を作って 残っている歯の部分を(健全歯質)を銀歯の着脱のために、削って その後銀歯をかぶせるのが普通の治療法でありました 。

この場合どうして残っている歯の部分をそのまま残して部分的な銀歯を作らないかと言うと、 その残った歯の弾性係数(たわみ)と金属の弾性係数(たわみ)が著しく異なるため、残ったあとの部分の深くに応力が集中して その歯が割れてしまうからです。
その歯が割れてしまえば抜かなくてはいけなくなると言う場合が多くあるためです。

しかしながら、もし金属ではなくて弾性係数が同じ位の材料を使用すれば、残った歯(健全歯質)の部分を最大限に残すことができ、それ以上を大きく削る事はなく部分的に詰めるだけで済みます 。

この場合、これに適する材料はハイブリットセラミックスと言われるもので、接着性レジンセメントで接着すれば健全歯質を大きく削る必要性もなくなりますし、白いきれいな歯が入ることになります。

ただ1番の問題は材料的に技術的に保険が効かないと言うことにあります。この方法は モノブロック療法と言われるもので 東京医科歯科大学を中心として研究が行われてきたものです

歯を大きく削るとなると 将来的に歯がダメになる原因ともなりますので長い目で見れば8020を達成する有効な手段ではあります。

other6-1