治療した歯の耐用年数 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  むし歯治療 >  治療した歯の耐用年数

治療した歯の耐用年数

治療した歯の修復物はどれだけもつのでしょうか。かぶせ物、つめもの、ブリッジなどの耐用年数はどのくらいなのでしょう。ある調査によると

others2-1

という結果がでています。 以外と長くもたないことがわかってきます。日頃、患者さんたちもたぶん、うすうす感づいておられたと思います。しょっちゅう歯にトラブルがおき、歯医者にいかなければならない人も大勢おられると思います。 では、この原因は、何でしょう。ズサンな治療だと予想された方も多いと思いますが、そうではありません。治療した歯は、もともとむし歯になりやすい歯でした。また、詰め物をしたり、冠をかぶせても、むし歯の原因菌(ミュータンス菌)が減なくなるということはなく、依然、修復した歯の表面に存在し続けますので、金属と歯の境目からむし歯なることが多くあります。でも、考えれば当然のことです。むし歯になった歯は、もともとその歯は、汚れがたまりやすく、むし歯になりやすいということですから。また、ミュータンス菌自体の数や質は変わってないわけですから。

では、どのようにすればこのような現象にブレーキをかけることができるでしょうか?

それは、原因であるミュータンス菌を少なくすればいいということです。赤ちゃんの時に感染したミュータンス菌を完全にゼロにすることは、不可能ですが、かなり数を少なくすることは可能です。少なくなれば、2次むし歯を防ぐことができます。では、どのようにすれば少なくなるか。この1つ方法は歯のクリーニング(PMTC)をするということです。定期的に歯のクリーニングをして歯磨きでは取り除くことができない汚れと一緒にミュータンス菌を取り除くことが可能です。この定期的なクリーニング(PMTC)を続けている間に1本も歯を失わなくなる可能性もきわめて高くなります。 結論、むし歯リスクを下げなければ、またむし歯になります。