歯科医院で行う麻酔 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  むし歯治療 >  歯科医院で行う麻酔

歯科医院で行う麻酔

歯科医院で行う麻酔

表面麻酔

口の中の粘膜 歯茎の表面に塗る麻酔です。
塗るだけなので 基本的には こうかは 弱いですが、歯石を取るトキヤフラフラした乳歯を抜く時は 効果的です。
また、注射針による麻酔の前にすれば、チクッという痛みを避けることができます。

注射針による麻酔

みなさんが考えておられる 歯科医院で行う 典型的な 麻酔法です。注射針で歯茎を刺す麻酔なので 恐怖感をお持ちの方もおおくおられることだと思います。
歯茎を刺してそのしたの 骨のうえに麻酔をするという感じですので、骨の密度が高い方や骨が厚い方には効きにくくなります。
一般的に骨が厚くて 密度が高いのは 下の顎の奥歯です。下顎の奥歯の神経を取る時は 麻酔がききにくい方がおられます。神経を 取る時には、 骨を通って 歯根膜 そして、歯のなかまで 麻酔を効かせなければならないので、とくに しっかりと麻酔をきかせなければなりません。歯を抜く時 以上に 麻酔を効かせる必要があります。

笑気吸入鎮静法

30%の笑気と 70%の酸素を鼻から吸ってもらいながら、治療を行う方法です。歯科治療に対する恐怖心や 緊張を軽減します。
また 血圧が高い 心臓に持病を持っておられる患者さんにも有効です。
より安全に歯科治療を行うことができます。笑気を止めると すぐに元に戻ります。

静脈鎮静法

点滴により 静脈内に マイナートランキライザーの薬剤を入れる方法です。
意識がなくなることはありませんが、ウトウトした状態になり 普通は術中のことは 忘れてしまいます。
薬がからだからぬけるのに時間がかかりますので、治療後 車で運転して帰ることはできません。