抗血栓薬と抜歯 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  むし歯治療 >  抗血栓薬と抜歯

抗血栓薬と抜歯

koukessen1-1

心筋梗塞などの心臓の病気、脳梗塞などの予防、治療薬として最近では多くの方が抗血栓薬を使用されています。

歯科医院で抜歯をおこなう際は、以前は抗血栓薬の内服を中止して抜歯をおこなっていましたが、現在では内服を続けながら、抜歯などの外科的な歯科治療をおこなうことが主流となっています。

この理由は抗血栓薬の中止によるリスクが比較的に大きく、また、内服を中止しなくても抜歯ができることがほとんどであるということからきています。
抗血栓薬には大きく分けて2種類あります。

koukessen1-2
INR値

INR値は血液がどれだけサラサラかの程度をしめす値です。 正常な血液の固まりやすさを1.0とし、固まるのに時間がかかるほど、その値は高くなります。 ワーファリンを内服中の患者さんのINR値は標準的には、2.0~3.0です。 この薬をのみながら、外科的歯科治療をうけるためには、INR値は3.0以下である必要があります。