審美歯科1 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  審美歯科 >  審美歯科1

審美歯科1

保険でできる審美歯科

最近の接着歯学の進歩により、今までは金属(メタル)でしか治療できなかったものが、白い自然な色での治療が可能となりました。また削る量も著しく減少 しました。歯に優しい、綺麗な安価な治療法です。」(神経をとってある歯や、もともとの金属のつめものが大きい場合にはこの方法はできません)

shinbi1-1

オールセラミック

金属を全然使わず、天然歯のように半透明感があり、きょうども強い。最近まで、これを接着するいいセメントがなかったが、接着歯学の進歩により可能となった。使うセメントの種類が決めて。症例写真の一番奥の歯は金属にセラミックを焼き付けた従来最高級といはれたかぶせ物であるが、オールセラミックには、審美的にも、生体にたいする安全性というめんでもかなわない。

shinbi1-2

ラミネートベニア

歯の表面をわずかに削り、その歯の表面に薄いきれいな白いまたは半透明な人工の歯を接着する方法。

shinbi1-3

(1) 歯の表面をわずかにけずります。
(2) 型をとります。そのあと仮の歯をつけます。
(3) セラミックの薄い歯をつくります。
(4) そのセラミックを強力なレジンセメントで接着します。

前の数本の歯をまとめてラミネートベニアにすると、中程度に悪い歯並びも数回でなおります。また、色も自由にかえることができます。

黒ずんだ歯茎を健康的な色にする方法

歯茎が黒ずむ原因はいくつかあります。歯の土台に使った金属イオンとか、歯茎と人工歯に隙間があいたりとかですが、しかし、一番多い原因はメラニン色素 によるものです。とくに喫煙者におおくみられます。レーザーや高周波、特殊な薬をつかうことにより健康な色にすることができます。

shinbi1-4