妊産婦の歯科治療 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  妊婦の歯科治療 >  妊産婦の歯科治療

妊産婦の歯科治療

妊産婦の受診時期

妊娠のどの時期であっても、通常の歯科治療は可能ですが、比較的安定している妊娠中期(5~7ヵ月)が望ましいでしょう。

薬の胎児への影響

woman1

基本的には妊娠中に薬を飲むことは避けるべきです。やむを得ない場合は、抗生物質ならペニシリン系が第一選択。鎮痛剤は、カロナールが比較的安全です。

X線写真撮影の胎児への影響

woman2

X線撮影(レントゲン)による胎児への放射線の影響はほとんどありません。 日本で1年間に浴びる自然放射線量はおよそ2.3mSVといわれています。歯科用X線写真による生殖器への被爆量は、口の内に入れるフィルムタイプで1枚0.008mSV。口全体を撮影するタイプ(パノラマ)では、ほとんどゼロ。

X線防護エプロンを着用すればさらに安全です。

またデジタルX線撮影では、上記の線量より数分の1になり、よりいっそう安全です。しかし、精神的にも敏感になっている妊婦さんには、できるかぎり最小限の撮影にとどめるべきと考えています。

妊娠中の麻酔

通常用いられている歯科用局所麻酔剤のリドカインは胎盤を通過しますが、無痛分娩にも用いられていて安全です。むしろ、疼痛によるストレスを考えると、安定期には適切に使用したほうが良いでしょう。