ドライマウス治療法 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  予防歯科 >  ドライマウス治療法

ドライマウス治療法

ドライマウスは口の中が乾いたり、乾燥したりする症状です。これ自体は病気ではありませんが、この原因になる何かしらの病気があると考えられます。

内服薬によっておこる唾液の減少

広く使用されている多くの降圧薬などの内科で使用されている薬、精神科で使用されている薬の中には、唾液の量を少なくさせる作用があります。

口呼吸による口の中の乾燥

口呼吸は口腔内の乾燥に直接関与します。筋機能療法が効果的です。

精神的な原因による唾液の減少

心身医学的な治療が必要になります。

糖尿病などの内科的な原因によるもの

内科的な治療が必要になります。

放射線治療、腫瘍、外傷による唾液の減少

いまのところ有効な治療法はありません。

口腔粘膜疾患

カンジタ症などにより、唾液が減少します。抗真菌薬で治療します。

シェーグレン症候群による唾液の減少

唾液分泌促進薬と唾液腺刺激療法が有効です。

筋力低下による唾液減少

歯が抜けていることによって咀嚼筋が衰えている場合は歯科治療が優先されます。

精神的な病気による唾液の減少

精神科的な治療が必要です。