むし歯の治療 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  むし歯治療 >  むし歯の治療

むし歯の治療

むし歯の治療について

musiba6-1

従来の虫歯の部分を削り金属を埋めるという方法では、どうして小さかったむし歯にこんな大きな金属が入るのか疑問を持たれた方が多いのではないかと思います。虫歯になった部分だけを削って、型をとりセメントでつけたのでは、すぐに外れてしまいます。

したがって従来の歯科医療、歯科教育では、外れにくいように脱離に抵抗するよう削る部分を少し拡大していました。また、プラークがつきやすく将来むし歯になりやすいところも予防拡大と称して健全なのに削ってしまっていました。

予防拡大は必ずしなければならないと、つい最近まで(5,6年前)歯科大学では特に厳重に教育していました。しかし、最近の接着歯学と虫歯学の急速な進歩で、そういうことをしてたのでは歯のためにはよくないとうことがわかりました。 私たちは、削る範囲を少なくし、かつ可能な限り白い詰め物で再発しない治療を心がけています。

むし歯を早期に発見できれば削る量も最小限にできます。そのためには定期検診を受けることが重要な役割を果たしています。

musiba6-2

従来行われているむし歯の治療は、むし歯を削って詰める・かぶせることです。これでむし歯の原因を取り除いているのでしょうか?ほとんどの患者さんは「治療したのだから大丈夫」と思っておられます。 詰めてもかぶせても、むし歯の原因であるミュータンス菌には何の変化もありません。治療前と同じ、依然たくさん存在します。 詰めもの・かぶせものはむし歯になりませんが、その周りにはたくさんミュータンス菌が存在し、今度はそこからむし歯になります。

ミュータンス菌を減らさなければ、またむし歯になり、今度は削る範囲が大きくなり、こういうことを繰り返していれば、そのうち削る歯がなくなります。 最初にむし歯治療をしてから歯がなくなるまで40年ともいわれています。

原因である細菌・ミュータンス菌を減らしましょう。

musiba6-3

原因である細菌・ミュータンス菌を減らしましょう。そのためにはストイックに歯磨きをするのもひとつです。しかし、忙しい日常生活のなかでストイックに歯磨きできる時間的・精神的余裕をもっておられる方はごくわずかです。 科学的に有効でストイックなまでの歯磨きに頼らずにできる方法もあります。PMTCや3DSです。キシリトールの使用でも、むし歯の原因菌を大幅に減少することができます。

虫歯のなりやすさは個人個人でかなりちがいます。

musiba6-4

虫歯のなりやすさは個人個人によりかなり違いがあります。唾液の量・質によっても影響を受けます。また食生活も重要です。 ただし、甘いものを食べるなと言っているのではありません。欧米では、はるかに多くの砂糖を消費していますが、日本と違いむし歯は極端に少ないです。 それはなぜでしょうか?

musiba6-5

私はアメリカ人やイギリス人など多くの英語圏の友人がいますが、彼らが、必ず言うことが一つあります。 それは「どうして日本人はあんなに歯が悪いのか?」です。 答えは、歯に対する考え方が違うからです。 彼らは特別な努力をしているわけではありません。ただ日本人と違い、フッ素を上手に利用して定期的に歯科医院に行っているだけです。 彼らの真似をすれば、日本人も80歳になっても多くの歯を残すことができます。いいことは真似をすべきです。 そして、それが生活の質を高めることにつながります。