むし歯のいろいろな段階 富山・高岡 やまもと歯科医院

高岡市 歯医者 歯科 やまもと

TOP >  むし歯治療 >  むし歯のいろいろな段階

むし歯のいろいろな段階

C0

musiba5-1

歯に穴があいたわけではないが、歯の一部が白く濁ってきたり、表面がざらついてきた状態。この状態でむし歯と気付いて歯科医院を訪れる人はほとんどいません。

治療法
  • 歯科医院でPMTCを受ける。
  • フッ素を塗って再石灰化させる。
  • キシリトールのガムをかんで再石灰化させる。
  • 丁寧に歯みがきをする。
  • 歯を削る必要はありません。
  • 削って白いつめものをすると、長い目でみるとさらに悪化します。

C1

musiba5-2

エナメル質だけに穴があいた状態。象牙質にまでは及んでいない。 この状態では、しみたり、痛みを感じたりはしない。神経の枝はエナメル質と象牙質の境目まできているが、エナメル質内にはきていないためです。

治療法
  • 歯科医院でPMTCを受け、むし歯(ミュータンス菌)の数をできるだけ少なくする。
  • 成長期の歯の場合は、削らずに汚れをとりシーラントでシールする。
  • フッ素を塗って再石灰化させる。
  • キシリトールのガムをかんで再石灰化させる。
  • そのまま削らずに、定期的に歯科医院でメンテナンスを受ける。またはエアーアブレーションで感染している部分だけを吹き飛ばし白い詰め物をする。

C2

musiba5-3

象牙質にまで感染が及び、穴があいてしまう。エナメル質と象牙質の境目で急に感染が広がる。象牙質には、神経の枝があるため、しみたり、たべたものがはさまると、その時だけ痛みを感じる

治療法
  • 感染したエナメル質、象牙質を最小限でとりのぞき、削ったあとの面を封鎖して白いつめものをする。
  • 感染した部分が大きい時は、型を取り、技工室でつめものをつくり、後日セメントなどで合着する。

C3

musiba5-4

むし歯が神経(歯髄)にまで達し、神経(歯髄)の一部または全部に炎症がおきた状態です。

治療法
  • 神経(歯髄)の炎症が軽度であれば、3Mixや水酸化カルシウムなどにより神経を残すことは可能です。その場合はC2の時と同じ治療法となります。
  • 神経(歯髄)の炎症が治らない時は、神経をくり抜くことが必要になります。神経をくり抜いた後はその空間を詰め、その後白い詰め物をしたり、人口の歯をかぶせたりする必要があります。

C4

musiba5-5

歯が折れたり、くずれたりして崩壊した状態です。 C3の時と比べると逆に痛みが弱くなったりすることが多くありますが、感染は歯の先から、歯槽骨の内まですすみ、その歯槽骨をとかし膿を形成します。

治療法
  • 感染した神経を取り除き、きれいに清掃した後、人工物を詰め、型を取り、人工の歯をかぶせます。それでも治らない時は抜歯となります。